日が長くなったね~って英語何て言う?

jill111 / Pixabay

最近ようやく天気も落ち着いてきたトロントです。そういえば夕方になってもまだ明るくて、日が長くなってきたなーと感じてます。

今日の日の出時間5:59、日の入り時間は8:28。

皆さんなら、日が長くなってきたねーって英語で何て言いますか?今日旦那様と久々のデートでふと思いつきました。冬はあっという間に暗くなるのに今日は遅くまで明るい。

うちが考えた表現は

Daytime is longer と sunset time became late 

何となく合ってる気がしませんか?一応毎回旦那に聞くだけじゃなくて、その前に自分で考えて聞くようにしてるんですー。でも旦那の答えは

『えーーーーーと。違う。言いたいことは分かるけどその言い方はしない!』やとさ。ほーほーじゃーネイティブは何て言うの????

その答えがこれ!!!

 

The days are longer.

とか

The days are getting longer.

 

という表現をするそうです。

この2つ。ニュアンスが違うようで、最初のThe days are longerは、もう日が長くなって何日か過ぎたくらいに言う『日が長くなったよねー』。2つ目のgettingが入ると、今正に日が長くなりかけてる時に言う『日が長くなってきたよねー』。微妙なニュアンスの違い。。。。

 

そしてシツコイうちは、旦那にまた物申す。

『その表現分かったけど、私が考えたDaytime is longersunset time became late はどこが間違ってるわけ??』

旦那『その表現を訂正するとしたらThe daytime is longer、そしてSunset timeとは言わない。Sunset became later.』『何度も言うようだけど、その表現意味は分かるけど使わない!!!

 

何でも直訳して考えるからあかんのかなー。英語で表現するときに、当たり前やけど日本語をまず考えてから、それに合う英語を考える癖があんねんなー。。確かに日本語でも『日の出は〇〇時です』って言ってあえて『日の出の時間は〇〇時です』って言えるけど言わないもんね。

そして私の苦手な『A』とか『The』。いつも会話中もううっとおしい程『これあってる??』って旦那に聞くけど、いつも『The入れてね』って言われたり、『そこTheいらない』と言われたり。。。何でやねん!!!って思いながら適当に入れたり抜いたりしてます。

未だにいつTheを入れるのか入れないのか全然分からんけど、何かしら言うときは、たいがいAとかTheとか付いとる。その辺が自然に分かるようになるとネイティブに近づけるのかな~

ここで皆様に質問。。。こないだ近くの公園行ったときに野ウサギ発見♡めっちゃ可愛かったから写真撮ろうと思ってたら、木の下にウサギが入ってしまってこんなことに。。。

みえない。。。笑。木と同化してしまった。

 

で,うちはfacebookやってるんですが、『ウサギ探してー』とキャプションを書くことにしました。日本語と英語両方書いてるんやけど、皆さんならウサギ探してーって英語で何て言いますか?

 

文章自体は簡単やねんけど、うちが迷ったのが『A』か『The』か。このウサギのことを一切話したことがない読者に向けて書くキャプションやからPlease find a rabbit』がいいと思ったうち。そしたら旦那は『ん~Please find the rabbitの方がいいかな~』やと。何でや!!

 

気になるその差。。。誰もウサギのこと知らんねんから、ここはAなんちゃうんかい!!ってね。そしたら『Aやとこの写真の中に他にもウサギがいるかもしれん、でもTheやと1匹だけ。』

 

ほーほーそんな意味もあるのね。たかがA&The されどA&The!! こういう細かいとこ知りたい人も多いはず。気づいたことはまた記事にしてお届けしま~す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA