トロントで室内でのマスク着用が義務化されました

みなさま、こんにちは。

訪問ありがとうございます。

先日カナダでのコロナの状況をお伝えしました。

カナダのコロナ最新情報~感染者数と街の状況・カナダとアメリカの国境は未だ封鎖~

日に日に状況が変わっていきますが、本日7月7日より、トロントでは公共の場所や飲食店でのマスクの着用が義務化されましたので、その情報を皆様とシェアしていきますよ。

マスクの義務化

先月6月30日、トロント議会では、市民の健康と安全を守るため、満場一致でマスク又は顔を覆うものを着用することが決まりました。

 

外ではなく、公共の場の密封された場所、つまり室内。

 

つい最近までは、マスク着用が推奨されていたけど、本日付で義務化となりました(法律で決まりました)

 

この義務は永遠に続く訳ではなく、あくまでも一時的な措置。

 

新しいコロナ感染者は減ってきているものの、出来る限り予防できるようにとのこと。

 

『マスクやフェイスカバーは、鼻と口と顎が隙間なく覆えるもの』とされています。



マスクを付ける場所

●小売店や売店

●コンビニ

●ショッピングモール、プラザ

●スーパー、パン屋、室内のファーマーズマーケット(farmer’s market)

●レストラン、バー

※室内での営業が許可されたたら

●室内娯楽施設、ジム、スイミングプール

 ※室内での営業が許可されたたら

●図書館

●コミュニティーセンター

●地方自治体の代理店

●教会、モスク、シナゴーク、寺、信仰場所

●美術館、博物館、水族館、動物園

●宴会場、コンベンションセンター、アリーナ、野球場等のイベント会場

●不動産施設、家や部屋の展示場等

●ホテル、モーテル等の短期宿泊施設での公共の場(ロビー、エレベーター、ミーティングルーム等)

●エンターテイメント施設(コンサート会場、劇場、映画館、カジノ)

●営業している事務所



例外

法律によって決まったマスク着用ですが、その例外も発表されています。

●健康上の理由からマスクが付けられない人

●2歳以下の子供

 

※健康上の理由でマスクを付けられない人もいるので、マスクを付けていないからと言ってその方を非難するのは止めましょう。

 

そしてもちろん、食事をする時や、サービスを受ける時(ここでのサービスは歯医者等)、フィットネスでの運動時、一時的にマスクを外すことは許可されています

 

この法律は、アパートやコンドミニアム、子供ケアセンター、学校、パティオ等外のオープンスペースには適用されません。

 

今の所、この新しい法律は次の議会が始まる9月30日と10月1日まで続きます。※議会が延期にならない限り

 

ちょっとずつ規則が緩和してきたと思ってた時に、マスク着用の義務化(カナダ全土ではなくトロントで)。

この情報はCity of Torontoのホームページから情報をシェアしましたが、毎日更新してる市のコロナ専用ページもあるので是非参考にしてみてね。

なかなかスッとはいかないこの状況 😥

ちょっとでも状況が良くなるように手洗いやうがいを欠かさず、ソーシャルディスタンスを取りましょう。

どんな世の中になってしまったのか。。。悲しい。

皆様もstay safeでいて下さいねー←切実



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA