カナダ国旗~Canadian National Flag~

カナダの国旗ってそれだけで絵になるお土産になるー♡

国旗好きの私としては、いつ見ても欲しくなる!!赤と白の2色だけで構成されている国旗の数は10か国以上。日本もその1つ。このカナダ国旗には諸説がありますが、せっかくなので紹介します。

①両端の赤は太平洋と大西洋。白は北アメリカ大陸。②赤は戦争の時に流した血の色、白は律儀と平和。③赤は強さ、白は純粋の意味。だそうです。

何で真ん中にメープルリーフなのーって感じだけど、1868年にオンタリオ州とケベック州の紋章に入っていたらしー!今はこのカエデを見るだけで『あっ!カナダや!』と思うけど、このメープルリーフ(サトウカエデ)ってカナダのどこにでもある訳じゃなくて、主にカナダの東側のみ。それが国旗になることでカナダ全体のイメージになちゃうからすごい。

 

今年(2017年)はカナダ建国150周年。みんなが思い浮かべるこの国旗が制定されたのはは1965年2月15日から。まだこのメープルリーフ型の国旗が使われるようになってから52年しか経っていない。

 

 

じゃーそれまでどんな国旗を使っていたのーーーっていう質問に答える画像がコレ!国旗好きの私は2015年のCNE(Canadian National Exhibition) でどこよりもこのカナダの国旗の展示を楽しみに行ってきました!

カナダの国旗を決めましょーーーーと言い出したのが1925年。そして実際にこの国旗に決まったのが1965年。。。40年もかかってるやん!!

紆余曲折あったはず。この40年間に公募で集められたデザインの数2600。そこから選ぶのも大変。で、その数ある応募作品の中から最終選考で選ばれた3つがこちら!

 

 

 

何となくケベック州の青を残したい感じと、イギリスのイメージを抜けない感じがこの3つに込められてる気がする。国旗って生まれる前から元々あるもんやから、気にしてなかったけど、国を代表する旗を決めるとなると歴史とか過去の紋章とかイメージとか考えやんなあかんくて大変。

日本は世界一簡単な国旗の1つって言われてるけど何故にあのデザインになったんやろうか。。。日の丸?梅干し?!

 

カナダの国旗ができて今年で52年ということは、今53歳よりご年齢が上の人って、生まれてから国旗変わったってことよなー?!それはまず経験出来ない!!

カナダは建国記念日になると、お家の庭とか玄関付近にカナダ国旗をかかげる人が多い。昔はご近所さんと国旗の大きさを競っていたとか。今は100均で手に入るから、昔より簡単に国旗をかかげられるようになりました。

この他カナダには10個の州と3つの準州があるから、13の州旗もありますよー

とにかくこのカナダ国旗を使ったグッツが沢山あるカナダなので、こちらにお来の際は是非国旗も見てって下さいな♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA