【隔離体験記】隔離中は毎日アプリで健康報告・居所報告~誓約違反すると氏名公表😱~

こんにちは。

隔離生活7日目に入りました。

日本入国前に入れたアプリで検疫所が私の居場所や健康状態を把握しています。

そこで今回は、隔離中に使うアプリについてご紹介します。

インストールするアプリ

入国前(が望ましい)又は入国後にインストールするアプリは2種類。

 

1つ目はMy SOS

このアプリは、入国後、現在地報告・健康状態報告・ビデオ通話にて居場所確認をする為に使われます。

 

インストールはこちら↓

App Store https://apps.apple.com/us/app/mysos/id971663851

Playストアhttps://play.google.com/store/apps/details?id=net.allm.mysos&hl=en_GB&gl=US

 

2つめは、接触確認アプリ(COCOA)

このアプリは、コロナ陽性者と私が接触があった場合に、このアプリを通して連絡が来ます。

 

又は自分が陽性と診断された場合に登録使用します。

 

陽性者との接触を自分で確認することもできます。

 

インストールはこちら↓

App Store https://apps.apple.com/us/app/cocoa-covid-19-contact-app/id1516764458

Playストアhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar&hl=en_GB&gl=US

 

入国する前に、インストールした方が、スムーズですが、入国してから日本の空港でインストールしたい方は、空港内はフリーWi-Fiあるので大丈夫です。

 

日本のSIMカードが無くても、フリーWi-Fiあればインストールできます。

 

スマホやタブレット持ってない人は、空港でレンタルしないといけません。

 

15日間で15,000円😱😝😱

 

自分が陽性になったり、濃厚接触者にならない限り、基本的に普段使うのはMySOSのみ



居場所の提出

誓約書

※2022年3月30日に誓約書が更新され、私が以前記入しなければいけなかった以下の項目は無くなり、現在は記入日と名前を記入するのみになりました。

====================================================

入国の際に、14日間どこで滞在するのかという報告を契約書に書いて提出しています。

私の場合、最初の3日間は強制隔離で、誓約書提出時はどこのホテルか分からないので、4日目以降の住所を記入して提出しました。

 

私は東京でエアビのアパートを借りましたが、予約の関係で4日~11日目、11日目~15日目と2か所借りていたので、2か所記入しました。

 

この用紙を元に、検疫所は私たちの居場所をアプリに登録しているハズ。。。

現在地報告

1日1回ランダムの時間帯にMySOSから、

 

『現在地の確認です。今すぐ、現在地報告ボタンで現在地を報告ください。ご報告いただけない場合、入国者健康確認センターよりご連絡することがございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。』

 

という連絡が来ます。

 

その時に、アプリ画面にある『現在地報告』ボタンを押すだけ。一瞬で終わり♪

注意しなきゃいけないのは、現在地報告ボタンを押すときに、事前に報告していた場所にいなければいけないということ。

 

事前に報告していた場所と別の場所で『現在地報告ボタン』を押すと、

 

報告された場所と違います。重大な契約違反となる恐れがあります』というような警告画面が形態の画面に表示されます。。。。😱怖っ。

 

私は2回この表示が出ました。。。焦ったーホンマに。。。

 

1回目は初めての現在地報告の時。

 

強制隔離ホテルにいたので、事前に報告は不可能(報告時どこのホテルか知らんから)。

 

2回目はタイミング悪く、強制隔離ホテルから成田空港に戻ってきた時でした。。。(自主隔離場所に行くためのハイヤーを待ってる時😖)

報告場所と現在地が違う時はどうするのか

こんなこと多分、多々あると思う。

 

焦らず落ち着いて。

 

報告場所と現在地が違う時は、

 

①警告が出ても、現在地報告ボタンを押す

②待機場所登録を押してから、現在地報告ボタンを押す

のどちらか。

 

①の警告が出ても、現在地ボタンを押すというのは、後々検疫所から連絡が来るかもしれないけれど、その場にいなかった理由を言えれば良いわけです。

 

移動中でした、生活必需品を買いに行ってました等。

 

②は私のように、契約書提出時に記載していなかった場所で待機をするような場合は(強制隔離施設等)、毎回待機場所報告ボタンを事前に押しておけばOK。

 

検疫所にわざわざ電話しなくても、このボタン一つで登録完了。

 

強制隔離場所に着いたらポチッ、自主隔離場所に着いたらポチっ😁

 

お忘れなく♪



健康状態報告

こちらも毎日ランダムで、健康状態を報告するようにとの表示が出ます。

 

これも簡単報告。

 

質問はいかの2つだけ。

アプリだからめっちゃ簡単だよね。

 

どれもランダムだから、いつこの連絡が来るか分からないけど。この7日間で言うと、朝8時より前に連絡が来ることはなかったし、夜20時以降に連絡が来ることもなかったなー。

 

健康状態報告の後には、こんな表示が↓

新型コロナウイルス感染症が発生している中で、皆様が安全、安心にお過ごしいただけるよう、帰国から14日間は次のことをお願いいたします。

・自宅等で待機し、安静にお過ごしください。

・不要不急の外出を控え、やむをえず外出する場合には、マスクを着用し、公共交通機関を使わないでください。

・手指の手洗い、アルコール消毒を徹底してください。

ご回答ありがとうございました。

 

これを見る度、手洗いしたり、部屋の換気したり、出来るだけ外出控えたり(ほぼしてないけど)してます。

ビデオ電話にて居場所確認

これも毎日ランダムにかかってくるんです。

 

でもビデオ電話がかかってくる前に、

 

『今から発信するビデオ通話はあなたの居場所確認をするために録画し、位置情報を取得いたします。』

 

っていうメッセージが来ます。

 

その数分後に、ビデオ通話がかかってきます。

 

人じゃなくAIがかけてくる。

30秒枠内に顔を合わせて、自分の顔を見つめるだけ。

 

入国してから1回も化粧してない。。。(笑)

 

友達に隔離の様子とかYouTubeとかにしたら良いやんって言われたけど、時差で日中の大半を寝て過ごしている私の顔を世に出すのは無理やった~。

 

寝て起きて、食べてさらにスッピンは誰にも見せられない(笑)

 

こちらも無理やけど、見る方も無理やと思う😱😝

 

とにかく、1日1回かかってくる通話は、30秒で勝手に切れます。

 

これで位置情報を確認しているそうです。



契約書の内容

入国の際、提出した契約書の内容、細かい文字で長々と書いてあるけど、シンプルにたった5つのことを守るだけ。

 

①自宅や宿泊地で待機。

・他者と接触しない、公共交通機関を使わない。

 

②アプリ・メールを確認し、健康状態を報告する。

➂アプリを活用し、位置情報を送信、ビデオ通話に応答すること。

④保健所等における指示があった場合は、その指示に従う。

⑤マスク着用、手指消毒を徹底、『3蜜を避ける(密閉・密集・密接)』

 

簡単に上記の5つを守りましょうねーってこと。

 

中には14日間アプリの通話や位置情報に一度も応答せず、契約違反となった人もいます。

 

契約違反した場合は、氏名を厚生労働省のホームページに7日間掲載されます。

※名前だけでなく、出発国・年代・住所又は居所・入国後の行動歴も。

 

今日見たら2名掲載されてたけど、掲載期間は7日間だそうです。

入国時の契約に違反した事例

まとめ

隔離中は毎日アプリで健康報告・居場所を報告します。

 

ランダムに連絡がくるので、

●現在地報告の場合は、ボタンをポチッ、

●健康状態報告は、2つの質問に回答し、送信、

●ビデオ通話の場合は、応答し自分の顔と30秒にらめっこ。

 

以上。

 

これは入国してから10日間続きます。

 

昨日(1月15日)隔離が14日から10日間になったというアナウンスがあり、このアプリでの報告等も10日になりました。

 

私の隔離はあと4日。

 

システムが変わったばっかりやから、私の10日間の隔離が終わってもアプリからお知らせ来そうな気がする😁😝

 

とにかく、帰国予定の人は、この2つのアプリを入国前にインストールしておきましょう。

 

今日も天気良い東京。

 

青空見れるだけで救われるートロントの冬と大違い。

 

トロントにももっと太陽と日差しをあげてくれーい。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA