これで完璧♪カナダで簡単にシュガーメープル(サトウカエデ)の木を見分ける10の方法

皆さん、元気ですか?

急に気温が下がって長袖必須のトロントです。

前回カナダのメープルの木について紹介しました。10種類ある北米原産のメープルの中で、特にカナダ東部に多くみられる5種類について書いた記事でした。

紅葉はもうすぐ♪カナダのシンボル“メープルの木”

今回はその中でもカナダの国旗のデザインともなっているSugar maple(サトウカエデ)の簡単な見分け方についてご紹介します。

 

紅葉の時期になるとお客さんがメープルの落ち葉を拾ってきて必ず聞かれる『これってメープルの葉ですか?』という質問。

木と花が苦手な私はそれっぽかったら『そうですよ~』と答えていましたが、サトウカエデの簡単な見分け方法を知ったので、皆さんとシェアしたいと思います。

これで皆でメープルマスターになれるかも♡

 

シュガーメープル(サトウカエデ)を他のメープルの木と見分ける10の方法

以下の10項目を見分けやすい順で書いてますでどーぞ♡

1.色で見分ける

シュガーメープルの葉は表側が深緑で、裏側が薄い緑。

秋になるとこの深緑の色が抜け、色鮮やか黄色オレンジになります。

 

2.葉先の数で見分ける

葉先の数を数えてみて下さい。

メープルの葉って手のひら型になってると思うけど、シュガーメープルは5つの葉先からなっていて、真ん中の3つが大きく両側に小さな葉先があるのが特徴です。

この上の絵でいうと右の黄色の葉がシュガーメープルの葉っぱ。

 

3.葉の形で見分ける

葉先と葉先の間がU字型になっていること。

この丸みをおびたU字型がシュガーメープルを見分ける時に重要なんです。

見た目も似てるメープル多いけど、この葉先から葉先への形に注目してみてね。

 

葉っぱ見るとV型のものやったり、シャープなV型の物など様々。

 

 

4.葉脈で見分ける

葉脈を見てみると、真ん中の3本が濃くハッキリしている。

wikiHow Uploaded by: Wikivisual

実際に見つけてみたらこんな感じ↓

もっと濃く白い葉脈のもあったけど、うちの身長では葉に手が届かず断念。。。

 

 

5.枝からのはえ方で見分ける

枝からから2つ対になっていて生えている。1つの茎から1つの葉のみ。

※photo by wikiHow

 

6.翼果(helicopter seeds)で見分ける

翼果(よくか)の形が2つ対になっていて左右対称、角度は90度以下。

※photo by wikiHow

 

7.芽で見分ける

茶色く尖った芽の先をもってるので、結構見分けやすい。

近くで見るとコーンみたいな形になってる。

※photo by wikiHow

 

8.木の大きさで見分ける

まっすぐ伸びていて、高さの3分の2以上から枝がある。

上部になるにつれて狭く、丸みをおびたトップ。

根っこは深く広く根を張る。

Silhouette - sugar maple

※photo from Natural Resources Canada

 

9.幹で見分ける

若い幹は浅く、指が入れられないくらいタイトで詰まっている感じ。

色はグレーっぽい茶色。

それが何年も経つと(古くなると)、深く毛羽立った感じになり、簡単に樹皮を剥がせる。

 

 

10.樹液で調べる

茎を折ってみると、樹液が透明



Sugar mapleとそっくりなNorway Maple

これだけ紹介しても、シュガーメープルと間違いやすいメープルの木があります。

それがNorway maple.

姿形や色まで似てるので現地の人も、シュガーメープルと間違えるこの木。

 

Norway maple(ノルウェーメープル)とは?

カエデ科カエデ属の落葉高木で、和名は『ノルウェーカエデ』。

ヨーロッパからアジアにかけて分布していて、カナダには1700年中頃に観賞用の木として持ってこられたのが始まり。

バンクーバーなどがあるブルティッシュコロンビア州南部、オンタリオ州南部からニューファンドランド州西部まで分布しています。

 

他の木を殺す木?

このノルウェーメープルは、観賞用にヨーロッパから持ってこられたとうい背景があり、北米では街路樹として植えられていることが多いです。

我が家の前にキレイに並んでいるのもノルウェーメープルの木。

でも、専門家の間では“tree killer(木の殺し屋)”と呼ばれています。

 

何でかって?

 

それはこのノルウェーメープルの育ち方の特徴にあります

 

下記にこのノルウェーメープルの育ち方の特徴4つを書きます。

 

①太陽が照り付ける暑い場所でもよく育つ。

 

②road salt(道路塩)に強い。

※カナダは冬が寒く、雪が降り積もります。その時に道路塩をまいて雪を溶かしますが、この塩はまくと同時に色んな植物を殺してしまうんです。でもこのノルウェーメープルはそんな塩にも強い。

 

③やせた土地でもよく育つ。

 

④小さなスペースしかなくても育つ。(浅く広く根を張れる)

 

この4つの点からノルウェーメープルは都市部の街路樹向き

 

これに対してシュガーメープルは、肥沃なしっとりした土地で、涼しい場所を好み、育つ過程で深く根を張れる場所が必要。と同時に日光も必要なので、都市部に植樹するには向いていない木なんです。

 

それでは何でこのノルウェーメープルが木の殺し屋なのかを考えましょう。

それは簡単。

 

●育つのが早いため、大きくなると陰ができ、周囲の植物に日光が当たらない。

●狭いスペースでも根をはることが出来るため、周囲の植物が深く根を張れない。(ブロックしてしまう)

 

その他、ノルウェーメープルの葉には毒素が含まれている為、土に含まれる菌や微生物に影響してしまう点も挙げられています。

 

Sugar mapleとNorway mapleの見分け方

N…Norway maple, S…Sugar maple

:葉っぱの先が5~7つに分かれている。(なので上の写真はノルウェーメープル)

:葉っぱの先が5つに分かれている。

:葉の縦幅より横幅のほうが長い傾向がある。

:葉の横幅より縦幅の方が長い傾向にある。

N:葉の茎の付け根にある芽が丸い。

S:葉の茎の付け根にある芽が尖っていて硬い。

photo by Gregor Wilke

N:茎や枝を折った時の樹液が乳白色

S:茎や枝を折った時の樹液が透明

N:翼果(よくか)の形が左右対称でプロペラみたいな横長の形

S:翼果(よくか)の形が左右対称でセミみたいな形(←例えが下手)

photo by Gregor Wilke

秋になったら分かりやすい色の違い。

N:紅葉したら色が黄色

S:紅葉したら色がオレンジ

 

ノルウェーメープルにも種類がいくつかあるようですが、カナダでよく見かけるもう一つのノルウェーメープルはCrimson King norway maple(クリムソンキング)。

これはRed Maple(レッドメイプル)と秋は間違われやすいけど、これも街路樹によくあって、秋になる前は葉の色が紫やから分かりやすい。

これでシュガーメープルとノルウェーメープルの見分け方もバッチリ♪

 

カナダドルのメープルリーフスキャンダル

カラフルなカナダドルにスキャンダル!!

現在のカナダドル(2018年9月現在)にはメープルの葉が描かれています。

この新紙幣が発行された時、メープルリーフ専門家が

 

『これはシュガーメープルじゃなくノルウェーメープルだ!

 

『何故カナダのシンボルのシュガーメープルをデザインしないんだ!』

 

と抗議したそう。

これに対してカナダの造幣局は、

 

『これは色んなメープルの葉を組み合わせたデザインの葉で、実際のメープルの葉ではない!アートだ!』

 

と返したよう。

皆さんにはこの葉どうみえますかー?

この記事読むまで気にして見たことなかったけど、言われてみたらノルウェーメープルに見えるかも。。。

ご意見聞かせて下さいなー

 

また秋の紅葉情報もお届けしていきますー♪




【参考文献】

●TreeCanada→https://treecanada.ca/resources/tree-killers/norway-maple/

●Credit Valley Conservation→https://cvc.ca/your-land-water/tree-planting-and-habitat-restoration-services/invasive-species/invasive-species-spotlights/invasive-plants-spotlight/norway-maple-acer-platanoides/

●Tree Pages→http://canadiantreetours.org/species-pages/Norway_maple.html#tree_details

●Gregor Wilke→https://www.youtube.com/watch?v=1Wl1uHuoAU0&t=2s

●Natural Resources Canada→https://tidcf.nrcan.gc.ca/en/trees/factsheet/86

●Reforest London→http://reforestlondon.ca/norway-maple-acer-platanoides

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA