【覚書】バンフ・ジャスパーで見た動物&見た場所まとめ

みなさん、こんにちは。

訪問ありがとうございます。

バンフ・ジャスパーに行ったら、是非とも見たい動物たち🐎🐑̪🐀

今回の旅行で見た動物と、その場所についてまとめてみました。

野性の動物・接近しすぎに注意

バンフ国立公園近くには、ヨーホー国立公園、クートニー国立公園、ジャスパー国立公園等が隣接していて、大自然を満喫することが出来、野生の動物も沢山います。

 

現地のビジターガイドでも紹介されている動物。

 

もちろん野性だから、接近しすぎに注意が必要。

 

ガイドラインによると、

 

鹿・エルク・ムース・大きいつのを持った羊は30m以上の距離が必要

 

クーガー(cougar、PUMAのロゴのデザインになってるやつ)、クマ、コヨーテ(小型の狼みたいなやつ)、オオカミは100m以上の距離が必要。

 

もし、道路上で野生の動物を見かけたら、野生動物を刺激しない距離&車の中から見ましょう。

 

とのこと。

州が定めてる罰金は最低$25,000(250万円) 😥

 

それでは今回見た動物と、その場所を紹介していきます。



チップモンク

リスに馴染みのない日本人ですが、ここバンフでは沢山チップモンクを見ました。

 

英語でchipmunkと書き、和名を調べると、シマリス

 

私が住んでいるトロントでは沢山リスがいるけど、トロントにいるのは、もーっとおおきいリス(squirrels)。

 

チップモンクは小さくて、スバシっこい。

 

【見た場所】

あらゆるハイキングコース、ミネワンカ湖、レイクルイーズ、モレーン湖等とにかく色んな場所で見れます。

 

運が良ければこんな写真も撮れるかも。

リス

結構すごい鳴き声やったリス。文字で表現できないけど。

 

国立公園内にはリスだけでも何種類かいるはず。

 

このリスが何リスか知りたいなぁ♡

 

エサ食べてる姿が可愛いのが印象的。

 

【見た場所】

ヨーホー国立公園のエメラルド湖、ジャスパー国立公園のValley of the Five lakes等、色んな所で見れました。



鹿

バンフの街中には、色んな所に動物の糞が落ちてます。

 

糞がある=動物がいる。。。ということ。

 

専門家の人やと、糞見ただけで、動物の種類とか分かるんかなー。

 

奈良県出身の私は鹿の糞しかみたことないから、落ちてる糞見ただけじゃ何の動物か分からん笑。

 

この写真、市バスに乗っているときに見て、駆け抜けていく鹿のショット。

 

奈良県民の私も嬉しい鹿の姿♡

 

【見た場所】

バンフ市内

バンフ市内では結構見れるそうですが、私が今回見たのはたった1回だけ。

市バスでバンフスプリングスホテルから、メインストリートに戻る車中で見ました。

9月は熊のシーズンらしく、クマ注意の看板をよく目にしました。

 

ベーリー(果実)の季節で、それを食べにクマが来てるとか。

 

この写真、下手すぎやけど、モレーン湖から帰るシャトルバスで、乗客の白人女性がが、左を指差しながら、

 

『チーチー!!チーチー!!』

 

と叫びながら、私たちに動物がいることを教えてくれました。(その時に撮った写真)

 

チーチーって何やねんって見たら熊やった(笑)🐻

 

その後も、この白人女性はシャトルバスのドライバーさんにチーチーのことを話していました。

 

熊の愛称とか種類かなーと思って、ネットで何回も調べてみたけど、分からず。。。

 

誰かチーチーが熊なんか何なんか知ってる方いたら教えて下さい笑。

 

【見た場所】

モレーン湖に行くまでの道Moraine Lake Rdで見ました。

 

チーチーと叫ばれた時に見たのは、14時半ごろ。

 

実は次の日も早朝6時40分頃に、同じMoraine Lake Rdで見ました🐻



エルク

5年前来た時に見た初エルク。

 

今年も見てきました。(たまたまやったけど)

オスもメスも同じ場所におったけど、やっぱり角のある雄エルクの迫力は凄かった。

 

聞いたことない鳴き声(この時オスだけしか鳴いてなかった)で、何これ?!って思ってたらすぐおった(笑)

 

【見た場所】

ジャスパー国立公園のアネット湖(Annette Lake)。

 

朝日の写真を撮りに、泊まってたホステルから近いアネット湖に車で行った時に遭遇しました。

 

でもこのアネット湖に着いてから見たマップにはエルク(鹿かも)の絵が描かれてたので、常にここに生息してるんかも。

You are hereの所から右に歩いたらすぐ見れました(群れで)

バンフでの目撃情報も多いけど、私たちはバンフでは見れませんでした。野性やしね。

 

ちなみにバンフのソーシャルディスタンスのサインはエルク。

エルクと鹿の違い

似てる気がするエルクと鹿。

 

どちらも鹿の仲間で草食動物。

 

一番の違いは、その大きさにあります。

 

身長エルク5feet(約152cm)、鹿3.5feet(約106cm)

エルク8feet(約243cm)、鹿7feet(約213cm)

重さエルク700~1100pound(約315~500kg)、鹿100~300pounds(約45~135kg)

 

他に、鹿よりエルクの方が早く走れるとか、蹄の形が違うとかあるみたいやけど、走った所見たことないし、蹄も観察したことないから、分からんよね。

 

この大きさで判断するのが、一番分かりやすい。



ムース

ずーっと見てみたかったムース。

 

お土産屋さんや、像では見たことあるけど、実際は見たことなかった。

 

今回初めてメスのムースと子供のムースを見ました。

やっぱり大きい。

 

そして大人しい。

 

ど素人の私には、この動物が何か判断するのは難しかったけど、近くに沢山いたフォトグラファーの方が、

 

『This is female moose』

 

と教えてくれました。

 

【見た場所】

ジャスパー国立公園のメディスン湖(Medicine Lake)からマリーン湖(Maligne Lake)間の道Maligne Lake Rdで見ました。

 

どちらかと言えばマリーン湖寄り。

 

ここの道は動物がよく出るのかも。

 

5年前もここでエルクを見ました。

 

車で道路を走らせていると、前方に何台か車が止まっていて、皆写真を撮っているので探さなくても何かいるのが分かる笑。

マグパイ

今回良く見た鳥マグパイ。

 

今まで何回かバンフに行ってたのに、気にして見てなかったんか、全然気づかんかった。

 

英語でmagpieと書き、和名はカササギでした。

 

背中にある青色が綺麗。

 

【見た場所】

カルガリー市内、バンフ市内、ジャスパー市内。

まとめ

自然一杯の国立公園で今回見た動物たちをまとめてみました。

 

まだまだ見たことない動物たちが沢山いるんだろなー。

 

行く度アップします。

 

皆様もバンフやジャスパーで野生動物と出会えますように🌠




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA