カナダの国民ドーナツショップTim Hortonsの歴史~ティムって誰?ダボダボの意味~

カナダ国民に愛されるTim Hortonsドーナツショップ。

 

物価が高いカナダで唯一良心的な値段で運営しています☕

 

先日、行って見たかったティムホートンの1号店に行ってきたので、今回は国民に愛されるティムの歴史について書いていきたいと思います。



Tim Hortonsって?

1967年にカナダのオンタリオ州ハミルトンで設立されたドーナツ屋さん🍩

 

 

コーヒー、ドーナッツ、サンドイッチやスープ等を販売しているファーストフード店。

 

 

設立したのは、カナダで有名だったアイスホッケー選手Tim Horton(ティム・ホートン)とビジネスマン兼セールスマンののJim Charade(ジム・チャレド)

 

ドーナツショップの前はハンバーガーショップを開いてたみたいだけど、あんまり上手くいかず、すぐにドーナツショップに切り替えて大成功。

 

オープンから50年以上経った現在、国内に4000店舗以上もある国民的ドーナツ屋さんに成長しました♡

アイスホッケー選手のTim Hortonってどんな人?

photo from On This Day

ドーナツ店ってことは知ってても、このTim Hortonさんを知らない人が多いので簡単に紹介します。

 

ティムは1930年にオンタリオ州のコクレイン(Cochrane)生まれ。

 

この地でアイスホッケーをして育ち、1949年にトロント・メイプルリーフチームと契約を結び、その後22年間もナショナル・ホッケーリーグでプレーしました。

 

ディフェンスとして頭角を現したティムは、生涯計4チームに在籍し、1446シーズンを戦い抜き、115ゴール、403アシスト、トータル518ポイントを獲得。

 

そして、オフシーズンの給料を補うために、ドーナツ屋さんを1964年5月17日にオープンしました🍩

 

設立当初のコーヒー1杯の値段は25セント、ドーナツ1つは69セントで販売されていましたよー。

 

今はコーヒー(S)で1.6ドルくらいかなー。ドーナツは物にもよるけど、1.5ドル前後。

 

ちなみに、大人気だったティムの髪型が当時流行っていたそう(上の写真)。

 

 

そんなティムですが、交通事故で44歳の時に亡くなっています。

 

飲酒運転で、シートベルトをしておらず、高速道路でコントロールできなくなった彼の車は何度も横転し、ティムは車から37m離れたところで見つかったそうです 😥

 

悲しい最期ですが、彼がカナダに残した功績は大きく、2017年、歴史に残るNHL(ナショナルホッケーリーグ)グレート選手100人の内の1人に選ばれています。



ティムホートンズ1号店はどこにあるのか

本店とか1号店に弱い私♡

 

ティム本店はオンタリオ州ハミルトンにあります。

住所:65 Ottawa St N, Hamilton, ON L8J 3Y9

老舗を想像してたら、建物はモダンでビックリ!しかも見たことない2階建て。

2階はティムの歴史が垣間見れるプチミュージアムみたいになってます。(コロナで今は入れなかったケド。。。)

photo from REBUILD HAMILTON

それでも、ここが1号店と言わんばかりの風格。

 

店の前にはティムさんの像↓(マスクかかっとったし笑)

通りのサインには、1号店ですよ~って表示まで↓

さらに、表には設立当初の展示されてます↓

あれ?『S』がない!!

店名の変化

 

そうそう、ティムの名前が何度か変わってるんです。

 

設立最初 Tim Horton Donuts

※ティムホートンドーナッツ

Tim Horton’s

※ティムホートン(文法的におかしいよね)

現在 Tim Hortons

 

やっぱ最後のがしっくり来るー♡

カナダ国外にも店舗あります

map from FLYTRIPPERS

カナダ国外にあるイメージなかったけど、

 

北米…アメリカ、メキシコ

ヨーロッパ…イギリス、スペイン

中東…サウジアラビア、クウェート、バーレーン、オマーン、アラブ首長国連邦、カタール

アジア…中国、タイ、フィリピン

 

にあります。

 

意外と中東に多いのがビックリ。

 

中東に行ってティム見たら写真撮っちゃいそう(笑)



カナダ人特有の注文方法ダボダボ

ブラックコーヒーしか基本飲まない私が、カナダに来た時、旦那に、

 

レギュラーコーヒーでいい?』

 

って聞かれて『うん』って言ったものの、カナダのレギュラーコーヒーはクリーム1杯と砂糖が1杯入ったコーヒーだった☕

 

あまーい 😥

 

何もいらないブラックコーヒーは、そのまま『ブラックコーヒー』と伝えましょう。当たり前やけど(笑)

 

そしてカナダ人特有の注文方法が、

 

ダボダボ』。

 

これは英語の『Double Double(ダブルダブル)』。

 

日本人がそれっぽく言うとダボダボとなります。

※カナダ人はちゃんと発音してます。

 

日本人がダブルダブルと発音しそうな所を、あえてダボダボと言ってみてください♪

 

これであなたもカナダ人♡

 

意味はというと、クリーム2と砂糖2が入ってるコーヒーのこと

 

私の旦那はミルクのパーセンテージ(乳脂肪分)にこだわりがあって、ダボダボが良いけど、クリームやったら濃すぎて気持ち悪いらしい。

 

だからうちの旦那みたいにダボダボでも、クリームじゃなくてミルクが良い人は、

 

『ダボダボwithミルク』

 

と頼みましょう 🙂

 

そして日本では『コーヒー1つ』と物+個数で注文しますが、

 

カナダでは、『One Small  black coffee double double』みたいな感じで、個数+物で注文しますので、知っておくと良いかも。

 

最近仕事仲間とよくティム行くけど、その子が『ダボダボ』と言ってたので、

 

『あ~もうカナダ人やん♡』って思って見ちゃってました。

 

このダボダボ、お土産になるほどのカナダ人の注文方法♡可愛いよね。

ちなみに、ホットコーヒーとか注文した時に、手で持つと熱いからカップに付けてもらうこれ↓

なんて言うか知ってますかー?

 

これは『スリーブ(Sleeve)』と言いますよー。

 

私がトロントに来た頃、アイスコーヒーなんて売ってなかったのに、今はどこでも飲めて嬉しい♡

 

うちの旦那はコーヒーも飲むけど、年中フローズンレモネード飲んどる、。冬でも。しかも毎回Lサイズ(笑)

photo from Tim Hortons

歴史あるティムで素敵で美味しいひと時を♡



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA