ナイアガラの地図を作成しました♡(日本語)

みなさん、お元気ですかー?

もう気づけば8月。

7月&8月はあんまり忙しくないですが、それでも毎月日本のお客様と会えるツアーを楽しみにしている私ですよー。

今月は時間があったので、タイトルにもあるように、ナイアガラの地図の手書き作成に挑戦してみました。

ので、ナイアガラの最新情報と共に、皆さんとシェアしていきますよー。

地図の需要

皆さん地図ってどれぐらい利用してますか?

私はグーグルマップを普段愛用してますが、旅行に行く時は、現地で購入した地図や、ガイドブックに載ってる地図を使うのが好きです。

添乗員として働く時は、もちろんグーグルマップも手放せませんが、旅行会社が用意した地図を使うこともあります。

最近は著作権がうるさいので、お客さんには配らないスタンスでやってる所も増えてきました。

でも、やっぱり便利な地図。

携帯の地図アプリ派の人も、アナログ派で紙で見るのが好きな人も、とにかくに旅には付き物のマップ。

需要は多いはず。

紙の地図の難点

各地に置いてある紙の地図。

個人的にはこの紙の地図が好きやけど、少し難点も。。。

①アプリと違ってアップデートされない

そうそう頻繁に変わることはないやろうけど、トロントなんかの大都市やと、半年で潰れるレストランもあるし、営業時間が変わったり、移転したり。。。

紙の地図だとアップデートされにくいのが難点。

 

②重い

ガイドブック好きのうちは、ガイドブックに載ってる地図が好きで、持ち歩きたいけど重い

デッカイ冊子持ちながら道歩いたり、電車乗ったりしてるから、一瞬で観光客やと分かる(笑)。

 

③大きすぎる

ナイアガラの各ホテルに置いてある地図は大きすぎる上、現在地が分かりにくい

お客さんは、その地図を見ると、すぐ取に行く。

一人取ると、みんな釣られてぞろぞろ取に行ってる、でもそれを見ながら観光してる人見たことない。。。

現在地が分かりにくい上、あんまり詳細に書いてないから、一瞬で諦める人が多い(笑)。



ナイアガラの地図

ナイアガラに行ったことある人なら、ご存知だと思いますが、ナイアガラは地図がなくても全く問題がない!!

それぐらい滝周辺に、ホテルやレストラン、ギフトショップが集中しています。

でも、結構な頻度で聞かれる、

 

『ガイドさん、ナイアガラの地図ってありますか?』

 

っていう質問。

 

そりゃそうね。。

なくてもいいけど、あったら便利やし、特に添乗員ならバスであれこれ話す時に地図あれば説明もより分かりやすくなるよなー。←ガイドやけど常に添乗員&お客さん目線

知ってて話すのはガイド側だけど、知らないお客さんにはやっぱり地図があった方がいいなーと。

 

そこで今回試行錯誤して作成してみましたー!!手書きで。

 

A4サイズ、軽い、この一枚でざっくりナイアガラが分かって出来るだけ最新のもの。。。そんな地図を♡

niagara20001

今回重要視したのが、もちろん滝、ホテルの場所(今まで私がご案内したことあるホテル20軒以上)、各ホテルから滝への行き方がよく分かること。

モーテルとかまで入れると、見にくくなるので、主要ホテルに絞りました。

そしてうちがよく行く飲み屋、お客さんが重要視してる酒屋、ビール買える所、メイン通り等、ざっくり書いてます。

 

私が尊敬して止まない旅の絵地図屋さんのクオリティーには程遠いけど、簡単に保存&印刷出来るので、是非使って下さいなー♡

ナイアガラ最新情報

これから秋の紅葉の時期を迎えるにあたって、カナダに来る日本人がとっても多くなる時期。

ライトアップや花火、各アトラクションなどの2019年最新情報をお伝えします。

滝のライトアップ

年間を通して行っているのが、滝のライトアップ。

日の入りの時間に合わせてライトアップが始まります。

●8/1~15…8:15PM~2:00AM

●8/16~31…7:45PM~2:00AM

●9/1~9/19…7:15PM~2:00AM

●9/20~30…6:45PM~2:00AM

●10/1~10/15…6:30PM~1:00AM

●10/16~11/4…5:00PM~1:00AM

●11/5~12/30…4:30PM~1:00AM

●12/31…4:30~2:00AM

schedule by Niagara Parks

花火

花火は毎年開催曜日が違うので注意。

だいたい3分くらい。こじんまりしてて、気づいたら終わってるけど、やっぱりハッピーな気分にさせてくれる花火を是非見てってねー

●9/2までは毎日10:00PM

●9/6~10/14までは金土日&祝日10:00PM

※10/14(月)はカナダの祝日サンクスギビングデー

●11/16(土)、22(金)、29(金)…9:00PM

●12/6(金)、13(金)、20~30…9:00PM

●12/31(大晦日)…9:00PM12:00AM



アトラクション

●Hornbloor(ホーンブロア)

滝の紫吹を一番に感じれるのがこのホーンブロア号。

20分間のクルーズ。

今年の5月から桟橋に行くのにフニクラが出来ました。(これに乗る場合は+3ドル)。

photo by Hornbloor Niagara cruise

乗らない場合は今まで通りエレベーターで行くことができます。

料金…28.95ドル+tax(フニクラ込み)

10/14までの花火がある日は花火を見ながら乗る夜のクルーズもあり♡

料金…42.95ドル+tax(フニクラ込み、40分のクルーズ)

●Journey Behind the Falls(ジャーニービハインドザフォールズ)

photo by Marriott on the falls

滝を裏から見れる大人気のアトラクション

カナダ滝の流れる真横にも行けちゃいます(冬季は不可)

 

料金:12月中旬まで21.95ドル+tax

12月中旬~4月中旬まで15ドル+tax

●Zip Line(ジップライン)

ナイアガラ川沿いに作られたこのジップラインは長さ670m。

2016年4月に出来た大人気アトラクション。

料金…59.99ドル+tax

※営業時間が時期によって異なるので要チェック【ZipLine

Skylon Tower(スカイロンタワー)

photo by MARRIOTT ON THE FALLS

街どこからでも見えるスカイロンタワー。

展望台&レストランになっていて、滝の絶景を上から楽しめるこの街のランドマークタワー。

 

展望台料金…14.5ドル(+tax)、Day & Night PASS(2回利用可)…17.5ドル(+tax)

詳しくはこちら→【Niagara Falls Canada

 

そしてここにはレストランもあって、360度回転するRevolving Diningレストランと、ビュッフェが楽しめるSummit Suite Buffetレストランがあります。

このレストランは予約すれば、エレベーター代(展望台)は無料というか含まれてます。

ちなみに、Revolvingレストランのランチは一人最低29ドル、ディナーは43ドルがチャージされるので、最安値のメニューだけ食べるというのは出来ない。(出来るけど、上記の値段は最低かかる)。

ランチビュッフェは32.95ドル+tax、ディナービュッフェは44.95ドル+tax

●Skywheel(スカイウィール観覧車)

photo by Flicer

クリフトンヒルの中央にあるのがスカイウィールとういう観覧車。

56mの高さまで上がり、上から滝も見えますよー。約8~12分のアトラクション。

 

料金…12.99+tax(毎年値段上がってるー!!)

●レインボーブリッジ

アメリカとカナダを結ぶ国境の橋。

いくつかある中で滝に一番近いのが、このレインボーブリッジ。

橋の上からナイアガラ川、滝、2か国両サイドの絶景を見れます。

アメリカに行かず、途中で引き返すことも出来ますよー。(パスポート必須

レインボーブリッジは、カナダ側から渡る時は橋代1ドルかかります

(両替機あり)

詳しい渡り方はこちら⇓

ナイアガラの滝・アメリカ側観光の魅力!~カナダ側からたった7ドルで行ける絶景のアメリカ~

お得なクーポン&アドベンチャーパス

アドベンチャーパス

ガイドとして働く私としては、オススメしたいもんが沢山。。。

でもアトラクションや、ビューポイント、レストランは山ほどあって全部紹介できない。

なので、まずは各アトラクションのチケットの値段や、アトラクションパスが記載してある現地サイトを紹介します。

それがこちら⇒TICKET&ATTRACTION PASSES

このサイトを使えばいちいち値段を調べなくても、一発でアトラクションとその値段(大人料金)が分かる便利なサイト。

ナイアガラに宿泊する人なら、アドベンチャーパスを利用して、色んなアトラクションをお得に行くことができますよー!

このパスはWEGOバスチケット料金も入ってるし、さらにプラスチケットなら、ワールプールのチケット代も入ってる上、イギリス風の可愛い街ナイアガラオンザレイクまでのバス代も入っててお得♡

物価が高いカナダでは、こうやっていくつかセットになって安く販売してるものもあるので、チェックしてみてね。

お得なクーポン

いやいや、アドベンチャーパスまでは。。。と言う方は、お得なクーポン情報があります。

先ほど紹介した、スカイロンタワー1ドル引き、スカイウィール1ドル引きなど、ちょっぴり嬉しいクーポンはこちら↓

COUPON, DISCOUNT, SPECIAL OFFER

夏からが旅行者の一番多い時期。

ナイアガラの年間観光者数は1200万人。

この時期に沢山大自然のナイアガラを満喫しましょう♡

その際、このマップも是非使って下さいねー

そして、ナイアガラに関する疑問や質問あったらいつでもメッセージ下さーい。




2 件のコメント

  • こんにちは。
    添乗員してます。
    とってもすてきなmap⭐︎ぜひ次のナイアガラのツアーの時にお客様にお配りさせていただきたいなって思うのですが勝手に使わせていただいても大丈夫ですか?

    あと、私のmacでは保存ができずプリントができないのですが何か方法ご存知でしたら教えていただけると嬉しいです。

    こーいうの求めてました!
    突然のご連絡申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

    • メッセージありがとうございます♡もちろん是非使って下さい。
      既にご一緒した添乗員さんの中で、日本で印刷して下さってた方がいらっしゃいます。
      あれ?保存&印刷できなかったですか?
      一度この画面をウェブ上でクリックして頂いて、保存という欄が出てくるほずなんですが。。。
      もしよろしければ、りなさんのgmailアドレスにマップ添付して送りますが、どうですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA