【サンタへの手紙】カナダのサンタから返事が来ました~Canada Post’s Santa Letter Writing Service~

季節外れだけど、本日カナダのサンタから手紙が届きました✉

書いたのは私。。。ではなく可愛い姪っ子3人😍

去年11月にカナダのサンタに手紙を書いて、今日返信が来ました。

全員分。。。じゃなく3通の内1通だけ。

嬉しい反面、えっ?って思ったこともあるのでシェアしていきたいと思います。



カナダのサンタ住所

フィンランドのイメージがあったけど、カナダもサンタの村や住所があります。

 

サンタの住所は、

SANTA CLAUS(名前)

NORTH POLE(住所) 

HOH OHO(郵便番号)

CANADA

めっちゃ簡単♡

 

カナダの郵便番号はアルファベットと数字が組み合わせた6桁。

 

3桁スペース3桁。

 

だからHOH OHOとなってます。(ホーホーホ~)

 

カナダ国内から出すなら、切手不要だけど、カナダ国外から出す場合は切手が必要。

 

サンタさんへの手紙は点字を含む39ヵ国対応だから、日本語で書いてOK😎

 

封筒の左上には、自分の住所を書きましょう。

 

JAPANAir Mailと書くのを忘れないようにしましょうね~。

 

詳しい書き方はこのSEKAIEブログが分かりやすかったです♡

 

2020年は12月10日まで、2019年は12月12日までと、毎年締め切り日が異なります。

 

特に海外からだとカナダに届くのにも時間がかかるので出来るだけ早く出す方が良いと思います。(11月中のがベター)



姪っ子の手紙

サンタさんへの手紙では、

●自分の名前

●今年頑張ったこととか出来るようになったこと

●サンタさんに欲しいもの

 

を書いてました。

9才の姪っ子

7才の姪っ子…さよならサンタさん笑

 

5才の姪っ子

個性豊かで可愛い~。

 

この手紙を書いて、郵送したのが2021年11月29日

 

そして本日2022年2月1日、約2か月経ってサンタから返信が来ました。

 

3通出して1通だけ。

 

子供たちも忘れてそう笑。

サンタからの手紙

サンタからの手紙!!キターーー

 

しかも日本語笑。

 

上に姪っ子の名前『Yukiho』ってのだけ英語。

 

手紙のデザインも可愛いし、封筒もクリスマスデザインでめっちゃ良い♡

 

と思ってたら、見てこれ↓

住所は私が黒く塗りつぶしたんやけど、ここには姉の家の住所が書かれています。

 

でも、姉曰くこれ、姉が書いた字らしい。

 

というか、封筒に書いた住所を切り取って貼ってあるらしい。

たっ確かに。。。笑

 

切ったやつをセロテープで張り付けてある(笑)

 

サンタさん忙しかったんかなー😱

 

どうやってんねんやろーこの返信システム。

 

世界各国から手紙が来てるのをどうやって返信してるんやろか。。。

 

英語で返信来ると思ったら、日本語。

 

子供たちは読めるから喜びそう😍



サンタへの手紙プロジェクトの歴史

簡単にこのプロジェクトを簡単に説明すると、始まりは1974年のモントリオール(METROより)。(マニトバ説もあります。)

 

最初の2年は22,000通の手紙を、1,000人のボランティアの人たちが返信していました。

 

1984年までには年間50万通の手紙を、5,000人のボランティアの人たちで返信。

 

年々手紙の数が増えていき、1982年にCanada Postに引き継がれました。

 

Canada Postとはカナダの郵便局。

 

このプロジェクトは30年以上Canada Postがやっています。

 

一応正式にはCanada Post’s Santa Letter Writing Service って名前が付いています。

 

現在世界各国から3,000万通以上の手紙に加え、43,000通ものe-mailがサンタのもとに届きます。

 

毎年子供たちの為に続けているこのプロジェクトなんか嬉しいよね💛

 

今日はちょっと季節外れやけど、何となくカナダのことを知ってくれてる姪っ子が、カナダのサンタに手紙を書き、その返信を今日貰ったってことを聞いて嬉しくなったので記事にしてみました。

 

あと2通いつ届くか楽しみ~

 

住所がどう書かれてくるのかも楽しみ~(笑)

 

また報告します😊



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA