添乗員がツアーに持っていく必須&便利アイテム10選~これであなたも旅名人~

皆さん、こんにちはー。訪問ありがとうございます。

もうすぐ日本に帰るのでワクワクしている私です。

トロント・ナイアガラは冬の間ガイドの仕事はほとんどないので、そんな冬に日本に帰って添乗員の仕事をしてます。

出稼ぎ添乗♡

そこで今回はお客さんからよく聞かれる添乗員の必須アイテム&旅の便利品を紹介します。

添乗員のカバンは重い

添乗員のカバンはとにかく重い。

要る物、要るかもしれない物が入ってるので重くなるんです。

貴重品、名簿、配りもの、イヤホンガイド、お土産カタログ、ガイドブック、添乗員資料等など。

あるなら無限に入るドラえもんの四次元ポケットが欲しいくらい♡

 

たまにお客さんが、

 

『カバン持っといてあげるから、行ってきていいよ』

 

って言ってくれて

 

『重いから大丈夫です!』

 

って言っても、

 

『いいから、いいから、大丈夫よ♡』

 

って言うて下さるので、遠慮なく渡すと、

 

重っ!!!

 

って言われる(笑)。スマセン。。。

 

でも外せない物や必須アイテム、あると便利な物から、使うかもしれない物まで多数入ってるので、その中から絞りに絞って10コ紹介します。

 

1.ガムテープ

これはほとんどの添乗員のスーツケースに入ってるはず。

毎回使う訳じゃないけど、スーツケースが壊れてしまったり、閉まらなくなってしまった時に使える品。

海外の空港では、スーツケースが壊れることがよくある。

凹んでたり、車輪取れてたり、色々。

航空会社に対応してもらおうとしても、免責のことが多く、保険会社に提出する用の用紙をくれるのみがほとんど。

替えのスーツケースをくれることはほぼ無い。

10年やってて2回しか替えのスーツケースくれたことない。(その場で新しいのは通常くれない)

応急処置として便利なガムテープ。

色んな場面で使えます。

2.ビニール袋

photo from SPOON HOME

私が愛用しすぎて止まないビニール袋。

100均のやつで、取っ手付いてるやつ。

添乗にも、プライベートの旅行にも必ず持って行ってます。

大きさにもよるけど、S~Mサイズで50枚前後入ってて、洗濯もの入れたり、小分けしたり出来て便利。

そして、めっちゃ好きな使い方がツアーで雨降った時☔

みんな観光終わって、バスに戻る時、折りたたみ傘を持って入りますよね?!雨具。

めっちゃ濡れてる傘をバス座席でキープするのは大変やし、濡れるし嫌。

そんな時にお客さんに袋配るんですー。

そこに傘を入れてもらえば、濡れない上、バスもキレイ🚌

さらに取っ手が付いてるものなら、バスの座席にフック付いてる時もあるから、引っ掛けられて便利♡

だから、天気予報で雨マーク出てる時は、スーツケースから手持ちのカバンに入れ替えて、準備しとります。



3.ペン各種

とにかく文房具が必須のこのお仕事。

言い出したらきりがないけど、ペンでまとめてみました~

マジック

ツアータイトル・バス座席表・荷物のタグ記入時に必須。

 

蛍光ペン

チェックしたり、バス座席色分けたり、人数の多い時の名簿チェック、お客さんに渡す地図や瓦版の大事な所に色付けたりと大活躍。

 

3色(以上)ボールペン

これとっても便利。

いちいち色変える為にペンを持ち変えなくてもいいから♡

そしてもう一つ個人的に気に入ってる使い方があります。

それがこちら↓

ドリンク取る時に使えるこのボールペン。

添乗員さんによっては、全員にいっぺんに声かけて挙手した数を数える人が多いと思います。

『ビールの方~』『赤ワインの方~』って感じで。

私も人数によってはこのやり方します。

 

でも何故かちゃんと数えたはずやのに、多かったり少なかったり。。。

 

人数多いとこれまた大変。。誰がどれを頼んだかなんて分からない。

 

ってことで私はテーブル毎に注文を取りたい派

 

レストランの人によっては、グループ全体のドリンクの数総合計で良い人と、テーブル毎にドリンクを取って欲しい人と分かれます。

 

私のやり方はその両方を叶えられるやり方です。

 

①テーブルを(自分の頭の中で)色分けする。

例えば4テーブルだと、

 

②各テーブル毎に普通に注文を取る

※その時に大事なんが、各テーブルの色で注文を取ること。

 

③店員さんに注文する。

※このメモを店員さんに渡す場合は写メ取ることが多いです。

 

④ドリンクが来たら、どこにどのドリンクが何個か教えてあげる。(というかどこに何が何個か自分が把握できる)

 

⑤数が合わなかったら、メモ見ながらチェックできる。

 

とこんな感じ。意外と便利なんです。

良かったらやってみてね♡

 

ちなみに日本では数を順番に取っていく時に、『』の字をよく使いますが、海外ではもちろん通用しません。

4本縦線横長線1本

 

そして日本のペンは海外で大人気。

添乗のカバンに何本か入れてるけど、毎回『これ欲しい♡』って言われる。

なので言われたことある国に行くときは、大量のペンを持って行って皆にプレゼントしてるんです♡

100均とかで売ってるペンで、こんな嬉しそうな顔してくれるのを見たらこっちが幸せになるー!!

4.薬

薬。

毎回お客さんに電話で案内してる。

『普段飲まれてる常備薬あったら持って来て下さい』って。

風邪薬、胃腸薬、酔い止め、など等。

お客さんの中には、薬は添乗員さんがくれると思ってる人たまにいるけど、あげられない。

昔はあげてた時代もあるみたいやけど。。。

自腹やからとかじゃなく、副作用があったら怖いから

体調って人それぞれで、飲み合わせが悪いと大変なことになるし、良かれと思って差し上げても、結果発作とか起こったら、添乗員のせいになるからね。。。

そして海外で薬を見つけようと思っても、なかなか自分に合うのが見つけられない。。。

だから常備薬は持って行きましょう!

 

私の常備薬は“酔い止め”。。。

この仕事してて何でーってよく言われるけど、小さい時から重度の乗り物酔い。。。

調子悪いと通勤電車でも酔うし、カナダに来てからはTTC(地下鉄)ですらすぐ酔うし、一番酔うのは新幹線🚄。

出発して2秒で酔う。。

だから添乗の時は毎日酔い止め飲んでます。。

ガイドになってからは、言う内容が全部頭に入ってる上、カーブ道が少ないのでもう酔わない。

5.湯沸しポット

photo from Rakuten

これも添乗員グッツの1つなはず。

うちはあまり使わないけど、いつもスーツケースに入れてます。

お部屋でお茶飲んだり、味噌汁飲んだりする時に使えます。

添乗員さんの中には、お湯欲しい人はホテルのバーにチップ払って貰って下さいって案内する人も多い。

私も最初はそうしてたけど、今は案内してない。

賛否両論あると思うけど、バーに行ってお湯だけもらうって私は出来ない。

1~2人なら分かるけど、グループがぞろぞろ来る毎に“お湯お湯“ってちょっと私が店員なら嫌かも。

聞かれたら、案内するけど、わざわざこちらから言わない。

お客さんがお湯欲しい時は、ポット貸してあげてる。

40人近いツアーの時はもちろん難しい時もあるけど。

でも海外対応ポットなら、スイッチ一つでどこの国でも使えて便利♪

昔は海外対応ポットって2~3種類くらいしかなかったのに、今は20種類近くあって、お値段も2000円~15000円くらいで大きさや機能によって各種選べるようになってます。

オンラインで買うと、各メーカーのオススメ商品が見れて比べられるから、買いやすい♡



6.調味料&インスタント食品

photo from NEWS MOMO

お客さんの食事の満足度を上げるために、醤油やポン酢を持って行って下さいという旅行会社が多くある。

最近はお客さん自身が自ら持ってくることも多い。

賛否両論あるこの意見。

確かに何か調味料とかで足し引きしないと、食べれない(まずいんじゃなくて飽きるor何か足りない)ものもある。

特に海外の魚料理を食べてると『醤油欲しいな~』って言われるし私もそう思う。

かと言って、洒落たレストラン・雰囲気あるレストランでテーブルに家庭用のデッカイ醤油とかを出してる添乗員さん見ると引いてしまう(口悪くてすいません)。

せっかくその国に行ってるんだから、その国の料理を食べたい、という方もいる。

そんな時に便利なコンビニで売ってるミニ調味料

軽いし、コンパクトやし、使い切りタイプもあるから、これを添乗によく持って行ってます。

 

そしてインスタント食品もいくつか持って行ってます。

味噌汁とか、カップスープとか軽くて手軽なもの。

おかゆとか乾燥ゴハンとかあると、体調悪くて食欲ないお客さんにも食べてもらえる。

今年、ガイドしてて添乗員さんからもらったこのシリーズが、今まで食べた乾燥ゴハンの中で一番美味しかったので紹介します。

それがこちら↓

photo from 尾西食品

五目御飯とわかめご飯沢山もらったんやけど、乾燥ゴハンとは思えないクオリティー!!

しかもめっちゃ軽い。

海外の食事って楽しみだけど、食べ慣れてない物もあるし、毎回3コースで出されても、胃が受け付けないことがある。

塩おむすびでええわーって思うこともあります(笑)。

そんな時にインスタント食品は軽くて胃に優しい。


7.グーグルマップ

photo from App Store

もう使ってない人はいないじゃないかと思うくらいの必需品。

携帯にこのグーグルマップをインストールしておけば、現在地・目的地・徒歩や車での移動時間&距離なんかもわかります。

何度も同じ国に行っても、レストランが毎回違う場合があります。

下見に行ける時はいいけど、大概ぶっつけ本番。

知らない道を歩く時は何故か早歩きになる私。

でもこのグーグルマップを使うようになってから、道に迷うこともほぼ無いし、初めて行くホテルやレストランも問題なし。

インターネットある時に、この地図さへ読み込んでおけば、オフラインでも使えるのが有り難い♡

 

8.栓抜き&ワインオープナー

酒好き必須アイテム。

海外のスーパーや売店で美味しくて安いビールやワインを買うときに、オープナー要らずの物やったらいいけど、飲みたい物に鍵って瓶やったり、コルクやったりする。

わざわざバーで借りるのも面倒くさいし、かといって諦められない。。。

だからワインオープナーと栓抜きが一緒になったようなんを持っておくと、そういう時に便利。

 

そして添乗話で言うと、東南アジアとか南部のアフリカのレストランが、とにかくドリンクが遅い。。。

3つ以上頼みものをすると、1つ目から忘れてしまう。。。

メモ取ってるのに数間違えてるし、ビールやっと持ってきたーと思ったら栓抜き忘れてるし、栓抜き取りに行ったら、なかなか戻って来へんし。。。

お客さんはそんなに焦ってないかもやけど、待たせてるこっちはハラハラする。

そんな経験から栓抜きやワインオープナーは持って行くようになりました。

 

9.爪切り

何で爪切り??

って思われるかもしれませんが、結構な頻度で聞かれる。

爪割れたり、伸びすぎたり、欠けたり、さかむけなったり。

添乗員の時はもちろん、ガイドになってからもお客さんに聞かれたことあります。

普段たまにしか使わんけど、旅行中要ると思った時になかなか手に入らない上、気にしだすと気になる。。。

ということで、お1つカバンへどーぞ♡



10.パスポートホルダー

海外に行ったら、命の次に大切なパスポート。

私の所属してる添乗員の会社では、必ずパスポートをパスポートホルダーに入れて肌身離さず持つことと義務付けられています

腰に巻くタイプのものや、首からかけるタイプのもの等色々あります。

『ここは日本ではないですからね~』

って優しく強く言ってます。

海外の地下鉄や、観光スポットで盗難にあった方、トイレに忘れてきた人、どこで忘れてきたか分からん方等、沢山見てきました。

添乗員も狙われる時代。

なのでこれこそ旅の必需品。

カバンに入れるだけじゃ、安心できない。

是非皆様も、念には念を入れて、海外旅行の際にはパスポートホルダー(個人的には首からかけるタイプの方がオススメ)を持って行って下さいねー。

 

その他

他には、

●マスク、●セメダイン(強力なやつ)、●ジップロック式の袋各種、●ミニカラー画用紙(くじ引きする時に便利)、●変換プラグ、など持って行ってます。

 

添乗員の友達に聞くと、

●おむつ、●紙パンツ(ロスバゲ用)、●アロマオイル(リラックス用)、●入浴剤、●むくみとり着圧靴下、●インスタント食品、●お風呂の栓、●S字フックなど。

 

人によって全然違うくって面白いー!!

皆さんの必需品・便利品は何ですかー?

情報交換しましょ♡

便利品・必需品を持って楽しく安心できる旅行を。



2 件のコメント

    • みさこさーん♡コメントありがとうございます。
      添乗員同士資料や本の情報交換はあっても、中身の情報交換はなかったので記事にしてみました♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA