【旅のトラブル】~入国審査でのトラブル~

過去の海外添乗で、入国審査でのトラブルをまとめてみました。

トラブル自体避けたいけど、入国審査でのトラブルはもっと避けたい 😥 通常手伝いに行けないから。。。

色々あったんだけど、国ごとに分けてみました~



入国トラブル【アメリカ編】

4年ほど前のカナダ&アメリカ縦断ツアー。

 

初日は、日本からアメリカ経由でカナダのカルガリーに行く行程。

 

アメリカでの乗り継ぎ時間は十分ある。

 

入国審査を終えて、ターンテーブルで各自荷物取って集合予定だったけど、男性一人参加の方がまだ来ない。

 

待てど暮らせど来ない。。。

 

先に行ってしまったかなと思ったけど、彼のスーツケースはまだここにあるから、入国審査から出てきてない模様。。。

 

そして、あんなにあった乗り継ぎ時間も迫ってきたので、会社に電話。

 

このままだと全員乗り継げない。

 

乗り継ぎ時間が迫る中、会社とあとどれぐらい待つか、相談してる時、その一人参加の方が来た!!

 

大丈夫だったのかと聞くと、別室に連れて行かれていたそう。。

 

何故かって?

 

シリアへの渡航歴があったから。

 

この方、以前にシリア・ヨルダンのツアーに参加したことがあるらしく、テロが多発しているシリアへの渡航歴が、アメリカの入国に引っかかった。

 

この方70代前半の男性だけど、助かったのは、彼が英語が話せたこと。

 

このお客さん曰く、別室では、

 

●何でシリアに行ったんだ

●お前はテロリストじゃないか

 

とか色々尋問を受けたらしい。

 

そして、別室に連れて行かれて暫く経った後、このお客さんが入国係官に、

 

『こんな70代のじじーの俺がテロリストなんて効率悪すぎるし、何の戦力にもならなんでしょ!!』

 

って言ったら、入国係官が

 

『んー確かに。ハハハ』

 

って言って入国させてくれたらしい(笑)

 

これ言えたお客さんが凄いわ。

 

調べると、

 

2016年1月21日に公表された、アメリカのビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法の施行により、ビザ免除プログラム参加国の国籍を有する方であっても、2011年3月1日以降に、一定の国(2016年11月4日現在、イラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメン)への渡航歴がある方は、ESTAによるアメリカへの渡航が認められず、渡航前にアメリカ大使館へビザ申請を行うよう義務づけられました。(IMSブログより)

 

とあります。

 

シリアに添乗経験がある添乗員も、アメリカ大使館にビザ申請の面接に行ってました。

 

行かないと、アメリカの入国も乗り継ぎも出来ないしね。

 

別室に連れて行かれるってだけでビビるよね。



入国トラブル【カンボジア編】

9年前のカンボジアへ行くツアー。

 

私にしてはすごく珍しいクルーズのツアー。

 

シンガポールで船を下りて、カンボジアに飛行機で飛び、数日滞在し観光が終わったら、飛行機でフィリピンに飛び、船に合流するという日程だった。🚢✈✈🚢

 

お客さんの数90名&添乗員2人。

 

シンガポール出国までは、何のトラブルも無かったのに、トラブルが起きたのはカンボジアに着いてから。

 

ここ数年でカンボジアの空港は新しく綺麗になったけど、以前はめっちゃ小さい空港で、ターンテーブルも2個くらいしかないような所。

 

カンボジアの入国で必要なものは、

 

パスポート出入国カードビザの3点。

 

お客さんは全員この必要書類を持っていて、出入国カードも旅行会社が予め用意した物をお客さんに配っていたので、後は入国するだけ。

 

90名もいるお客さんを誘導する為、誰よりも先に飛行機から降りて、ダッシュで入国審査に向かった私。

 

そして3点セットを出して、入国審査を受けたら、入国係官に言われた一言↓

 

昨日から出入国カードのフォームが新しくなったから、書き直して戻ってきて下さい

 

は??

 

私『私添乗員で、今から90名以上同じこの出入国カード持ったお客さんが来るんですけど、全員書き直しですか?

 

入国係官『はい。全員書き直しです。

えーーーーーーー。。。

 

マジでどうしよう。。。

 

私にとっては簡単な記入作業だけど、簡単に書けない人もいる。

 

しかも90人。。。

 

飛行機から降りてきた人に、順番に

 

『出入国カードのフォームが昨日から新しくなったそうなので、全員書き直しです。書いた人から順番に入国審査を受けて、ターンテーブルで待ってて下さい。書くのが不安な方はお手伝いしますので、この辺に居て下さい』

 

と伝えました。何度も言うようですが、お客さんの数90人。

 

お客さん一斉に質問してくるし、途中で出入国カードの用紙足りなくなるし、何で自分で書かなければいけないんだと怒鳴ってくる人いるし、小さい空港内大パニック 😥

 

自分で書ける人は、スッと入国を済ませ待機。

 

記入が不安な人は、大分遅れて入国を済ませ待機。

 

そして私ともう一人の添乗員に『何で旅行会社はフォームが変わることを把握してないんだ!』って怒鳴り続けたお客さんがいました。(はよ記入して入国済ませればいいのに。。。)

 

精神的に参ってた所に救世主が現れました🌠

 

それが、女性のお客さんで、

 

これは添乗員さんのせいじゃないんだから、怒鳴るんじゃないわよ!!

 

神🌠

 

こう言われた男性のお客さんは、何も言えなくなり、入国審査に進んで行きました。

 

結局入国だけで2時間近くかかって、バスに行く頃にはゲッソリしました。



入国トラブル【ロシア編】

順番が回ってこない

ウズベキスタン航空でロシア入りするツアーに行ったことがあります。

 

当たり前だけど、日本からウズベキスタン便は、日本人がほとんどだったけど、ウズベキスタンからロシア便はウズベキスタン人が乗客のほとんどを占めていた。

 

ロシアに無事ついて、お客さんと全員で入国審査に進んだとき、ちゃんと並んでいたにも関わらず、後ろからもの凄いウズベキスタン人が押してきて、平気で順番抜かしていく。全員男。。。

 

ロシアに何度も行ったことあるけど、こんなの初めて。

 

押されに押されてもう満員電車状態。

 

ちゃんと並んでいたら、そうはならない。

 

注意する人もおらん。

 

押されてイライラするし、順番抜かされるのも腹立つし、ツアーに参加してくれてる年配のお客さんを押してくるのも心配&腹立つ。

 

待っても待っても順番が回ってこない。

 

横からどんどん順番抜かし。。

 

そしたら、私のことを心配してくれたお客さんが、

 

『せめて添乗員さんだけは、先に行かせてあげないと』

 

って私の背中を皆で押してくれて、我先にと順番抜かしするウズベキスタン人の渦から出してくれた。

 

そしてようやく私の番。

 

私の疲れた顔見て、気の毒そうなロシア人入国係官。。。

 

晴れて入国できたのは良いけど、お客さんが一人も来ない。

 

心配で見に行きたいけど、一度通過すると、戻れない。

 

1人で30分以上待った後、ようやく私のお客さんが来だして、素早く駆け寄りました。

 

『大丈夫でしたか?』

 

お客さん『大丈夫じゃなかったよ。ずっとあのまんま。。。疲れた』

 

『どうやって入国出来たんですか?』

 

お客さん『さすがに見かねたロシア人入国係官が、日本人を通しなさい!!って大声で言ってくれて、それで何とか通れたんです』

 

ありがとう入国係官の方。。。 😥

 

入国審査場で並ばないとこうなるって思い知らされました。

 

もう2度と経験したくない。



陸路で入国

日本からロシアに行くと、もちろん飛行機ですが、国土の広いロシアで陸路で入国出来る場所がいくつもあります。

 

私が初めてバルト三国に行った時、ロシアとセットで12日間のツアー。

 

日本からモスクワに飛んで、2泊した後、バルト三国リトアニアに飛んで、陸路でリトアニアラトビアエストニア→ロシアのサンクトペテルブルクに行く珍しいツアー。

 

エストニアの首都タリンを出て、国境の町ナルヴァまで約3時間。

 

入国審査に何時間かかるか分からないので、入国の前に全員でトイレを済ませました。

 

私たちの前にバス3台。

 

3台ならそんなに長くかからないだろうと、予想しましたが、結局ここで2時間もかかりました。

 

首都タリンからここまで3時間、入国に2時間。

 

さらにエストニアとロシアとの時差は1時間の為、国境超えるだけで6時間かかったことになります 😥

 

そしてサンクトペテルブルクに着くまで3時間。

 

何もない田舎町をただひたすら3時間走り続けました。疲れた。。。

 

私の時は2時間でしたが、私の大先輩が10年以上前にここの国境に来た時、ロシア人係官から

 

『一人10ドルずつ支払ったら、早く通してやる』

 

と賄賂をもちかけられ、一応お客さんに聞いたけど、

 

みんな『待ちます』

 

という回答だったので、結局入国審査に6時間かかったそうです 😥

 

これなら空路の方が早かったかも。



トラブルじゃないけどお客さんが出てこない

またまたロシア。

 

全員入国を終えたのに、一人だけまだ来ない。

 

60代の男性のお客様。

 

ターンテーブルから見ると、入国係官と何やらずっと喋ってる。

 

私の時は、滞在期間とか目的とか聞かれただけで、1分くらいで終わったのに。

 

何聞かれてるんやろ?と思ったら、笑顔で出てきたお客さん。

 

『長くかかりましたねー大丈夫でした?』

 

お客さん『ほら、添乗員さんが成田で“一言ロシア語集”の用紙くれたでしょ?

 

ロシア語って発音難しくて、入国係官にこの1ページ分全部の発音教えてもらってたんだよー 🙂

 

そうそう、私は英語圏じゃないツアーに行く時はたまに、その国の言語集をコピーしてお客さんに差し上げる時があります。(毎回じゃない)

 

このお客さん、ロシア語の発音を入国係官に教えてもらってて長くなったらしい(笑)

 

お客さん『教えてもらったから、最後スパシーバーってロシア語で言ったら、入国係官がありがとうって日本語で言ってくれたんだよー』※スパシーバーはロシア語で【ありがとう】という意味

 

って嬉しそうに言ってました。

 

こんな所で異文化コミュニケーション(笑)

 

何事かと思ったけどホッと笑える入国審査でした。

 

入国審査って何が起こるか分からん。

世界でも最強と言われる日本のパスポート。

全員入国終わるまで毎回ヒヤヒヤしてます。

私もカナダの入国で引っかかったことあるし。

またその辺も記事にしていきますよー 😎

カナダのトロントは11月なのにもう雪が降りました⛄

気候の変化に身体崩さず元気で過ごしましょうね♡see ya~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA