トロント空港からアメリカ行く方必見!!ターミナル1・シカゴ乗り継ぎ情報(トロント→シカゴ→成田)~Transit Information *Toronto-Chicago-Narita~

さー久しぶりの日本!!家族や友達に会いに、美味しいご飯を食べに帰ります♡

私は今まで日本とカナダの行き来を何度もしてきました。

例えば〇エアカナダで直行便(羽田発)、〇全日空でニューヨーク経由(ニューヨークで数日遊んでからトロント入り)、〇デルタ航空でデトロイト経由でトロント等。

ほとんどは添乗員時代に貯めたマイルを使ってチケットを取ったことの方が多いけど、そのマイルももう無くなったので、今回は全日空で帰ることにしました。

ホントは一番早く帰れるエアカナダが良かったけど、私が予約したのは1月4日で通路席も窓席もなく真ん中席のみ。。。エアカナダの座席配列は私が苦手な3-3-3。なのでちょっと時間はかかるけど、今回は全日空で米国シカゴ経由で帰国!!飛行機の座席と航空会社選びに対して私はピッキー。。。心地よい空間を選ぶことにしました。

私が選んだ行程はこれ!!!

①YYZ-ORD(トロント ピアソン空港からシカゴオヘア空港)7:00発-7:59着(1時間の時差あり)United

②ORD-NRT (シカゴ オヘア空港から成田空港)10:25発-14:45着(翌日着)ANA

③NRT-ITM (成田空港から伊丹空港) 17:00発-18:20着 ANA

アメリカ経由で帰国する場合、必ず事前にやっておくことは、ESTA(電子渡航認証システム)を所得しておくこと。これはオンラインで取得できます。私みたいに米国に乗り継ぎで行く場合も必ず必要。料金は$14で、有効期限は2年間。

そしてカナダから米国に行く場合に、他国とは違う手続きが♪

通常外国に行くときって、その国に到着してから入国審査があると思いますが、カナダとアメリカは特別な契約があるので、何とトロントから米国に飛行機で行く場合、トロントの空港でアメリカの入国審査があるんです!!



トロント・ピアソン空港

〇チェックイン〇

今回トロントからシカゴまではユナイテッド航空を利用。ピアソン空港(ターミナル1)3階の13番カウンターでチェックイン♪(エアカナダの場合は11番)まずは機械でチェックインをします。最近はこうやって機械で搭乗券と荷物のタグを出してから、スーツケースを預けることが多くなりました。(エアカナダも同じ)。

パスポートの顔写真のページを機械に読み込ませて、搭乗券(Boading pass)と荷物のタグ(baggage tag)を機械から出します。ユナイテッド航空は預け荷物2個まで無料。今回2回乗り継ぎで、まとめて航空券を買った(PNRナンバーが同じかつ全てスターアライアンス)ので、搭乗券が3枚、荷物タグ2枚(今回スーツケース2コ預けたので)が出ました。

 

〇荷物預け〇

これが全て整ったらチェックインカウンターで荷物預け♪

※スーツケースはシカゴ空港でピックアップしません!!!成田までスルー!!!

そしてここからが注目!!チェックイン後、アメリカ行き専用のセキュリティーチェックに行きます。

 

〇セキュリティーチェック〇

アメリカ行きのセキュリティーチェックの場所は、トロント空港出発フロア(3階)の8番カウンターと11番カウンターの間にあります。(9、10番カウンターなし)。

セキュリティーチェックでは(液体は100ml以下のみ。パソコンは取り出します。電子機器は電源が入る状態にしておくこと。ブーツは脱ぐ場合あり。)

 

〇パスポートコントロール前にkioskで情報入力作業〇

photo from Toronto Peason Airport

そして、次が機械でのパスポートコントロール!以前はアメリカの税関申告書(青色の用紙)を記入していましたが、今日の時点で全てkioskに変わっていたので、記入不要。

ここのkioskの機械には日本語表記があります。

kioskとは簡易に入国手続きができる機械。

ここでもパスポートの顔写真を読み取らせ、いくつかの質問に答え、4本指の指紋を取ります(左手の親指以外。読み取れないと右手)。

そのあと顔写真(眼鏡、帽子取る)。この作業が終わると機械から自分の情報が全て記載されたレシートが出てくるので受け取って完了♪

※4本指はしっかりくっつけて、押し付けないと機械が指紋を読み取ってくれないので注意してね。

 

〇アメリカの入国審査〇

その後、入国審査へ。必要なものはパスポート搭乗券さっきkioskの機械から出てきたレシートの3点。

カナダには出国審査ってないんです。

だからここではアメリカの入国審査のみ。

入国審査を抜けるとちょっと広くなったスペースがあって、その先のエスカレーターを降りるとお店や免税店。搭乗時間までそこで過ごします。

今日は超早朝に来たのでそんなに混んでいませんでしたが、空港に着いてから入国が終わるまで約50分。団体で来る方は3時間前までに空港に来ることをオススメします。特にアメリカ便!!!!!セキュリティーチェックや入国が混むとものすごく時間がかかります。。。

飛行機で約2時間でシカゴへ♪

https://www.torontopearson.com/AutomatedPassportControl/#

 

シカゴ・オヘア空港

今回ターミナル1に到着。次の全日空便もターミナル1から出発なので、楽々移動♪

スーツケースも成田までスルーなので時間たっぷりあります。もしターミナル移動がある場合も、ターミナル内の表示がとても分かりやすいので、絶対に迷いません。

ここでの次のゲート表示は時間別ではなく、アルファベット順。アメリカの空港は結構アルファベット順が多いかも。

 

でもNARITA だからN始まりかと思いきや無い。。。

 

ちゃんと電光掲示板を見ると”TOKYO NARITA”と書いてありました。なので、成田行きを調べる際はTokyo Naritaで調べて下さいねー

 

ラウンジもバッチリあります。必要な方はそれぞれのターミナルでどうぞ♬

 

飛行機に乗ったら約12時間半で成田へ。全日空は機内エンターテイメントが充実してて飽きませんでしたー

成田空港

到着後、流れに沿って歩いていくと入国審査へ。抜けてターンテーブル。私はこの後、伊丹へ乗り継ぎがありますが、国内線への乗り継ぎがあったとしても、荷物のタグが伊丹までになったとしても、必ず成田空港でスーツケースをピックアップ!!です。

飛行機の機内で配られた税関申告書(黄色い紙・申告するものが無くても全員記入)とパスポートを税関で見せてから晴れて外へ。

 

〇乗り継ぎがある方は。。。〇

もしここで全日空の国内線へ乗り継ぎある方は、税関抜けて、外に出たら右へ進み突き当りまで行くと右手に全日空のカウンター有!スーツケースを預けなおします。

この他、荷物を宅配したい方も税関抜けたら右に進み突き当りへ。JAL-ABC, クロネコヤマト、QLライナーと3社あります。

 

という訳でトロントからシカゴ経由成田へのナビでした♪この情報は2018年1月4日のものです。

 

 

コメントを残す

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA