トロント・ピアソン空港からアメリカへチェックイン手続き情報~ターミナル3~

こんにちは。

今日はアメリカへのチェックイン手続き情報をシェアします。(ターミナル3)

アメリカと国境を接しているカナダ。

私が住んでいる経済の街トロントには、カナダで1番大きい空港ピアソン空港があります。

トロントピアソン空港は、米国へも、日本を含むアジアへも、ヨーロッパ、中南米へも路線を広げるハブ空港。

私が最初に日本のお客様をお迎えするのもここ。

最近はトロントを経由してキューバに行くツアーや、トロント・ナイアガラを楽しんだ後に米国に行くツアーも増えてきました。

最近毎回添乗員さんに聞かれるアメリカ行きチェックイン&手続き方法。

まとめてみましたので是非参考にして下さいねー

ちなみにターミナル1は以前記事にしてますので、ターミナル1情報が欲しい方は以下をどうぞ↓

トロント空港からアメリカ行く方必見!!ターミナル1・シカゴ乗り継ぎ情報(トロント→シカゴ→成田)~Transit Information *Toronto-Chicago-Narita~

 


何でそんなややこしいのか


ホントはややこしくない。

流れさへ理解すれば。

チェックインなんて、パスポート見せて搭乗券もらって、セキュリティー通過してゲート行けば良い話じゃないの?

 

その通り

 

でもアメリカ便は違う

 

何でかって??

 

それはね、通常アメリカに到着してからやるアメリカの入国審査を、トロントの空港でやるから。

 


トロントピアソン空港ターミナル3


何度も言いますが今回はターミナル3番出発のアメリカ便の紹介。

トロントピアソン空港はターミナル1とターミナル3の2つのみ。

※ターミナル2はターミナル1の拡張工事でなくなりました。

ターミナル1はAir CanadaAir Canada rougeなどのスターアライアンス系

ターミナル3はそれ以外

 

自分の乗る飛行機がどのターミナルが分からない方はこちら↓

https://www.torontopearson.com/en/flights/airlines-destinations/#




空港到着後の順番


①チェックイン

②荷物預け

③セキュリティーチェック

④アメリカの入国審査

⑤ゲート

の順。ここからは写真撮ってきたので写真で紹介しながが説明します。

※ちなみに今回私がご案内したのはWestjetでラスベガスに行くお客様です。

 

ターミナル3のアメリカ行き航空会社は??

こちらの3社。

American:アメリカン航空

Delta: デルタ航空

West Jet: ウエストジェット航空

 

ターミナル1に比べると少し小さいターミナル3。

アメリカ便は全部建物入って右手にあります。

 

①チェックイン

ここらは写真見ながらの方が分かりやすいと思うので、写真で説明します。

ターミナル入って右手に進むとこんな機械がいっぱい並んでいます。

 

そう、今この機械チェックインが主流のカナダ。

ターミナル1のエアカナダの機械なら日本語表記あるけど、

ここターミナル3の機械は日本語表記のあるものと無いものがあります。

 

この機械で何をするのかというと、

搭乗券を出す&スーツケースに付ける荷物のタグを出す

という作業をします。

 

画面はこんな感じ。

自分のエアラインの会社を押してスタート!!

※パスポートとEチケット、滞在先名が分かるものを準備しましょう。

今回はWestJetだったので、画面右下のボタンを押す。

 

そしたらこの画面。

●色んな選択肢あるけど、左の真ん中のパスポートの部分を押す。(赤矢印)

●パスポートの顔写真の部分を読み取らせる(黄色の矢印)

※顔写真のページが下になるように置きます。

●その後いくつかの質問に答える。

アメリカ便ということもあり、質問事項が多い。。。

性別、国籍、行先都市名、滞在先の住所又はホテル名、滞在先の州、預け荷物の数等。

※WestJetの場合、『あなたの国名をアルファベットで最初の3文字で打て』と出てくるので、『JAP』と押す。

※預け荷物は英語でChecked baggage

※預ける荷物(スーツケース)がない人は別ですが、ここで個数を0とかにしてしまうと、荷物のタグが出てこず、また最初からやらなければならないので、必ずここは預ける荷物の数だけ記入しましょう。

ここまできてようやく荷物の精算。

預け荷物に料金が発生するかはチケットの種類によります。

WestjetではEcono(低価格)又はMember Exclusiveの枠では預け荷物1個目から料金がかかります。

Flexという枠では1個まで無料、Plus枠では2個まで無料。

https://www.westjet.com/en-ca/travel-info/fares/service-fees

基本的に1個目は$25(カナダドル)、2個目は$35かかります。(税別)

支払い方法はクレジーットカード

写真の右(緑の矢印の所)にクレジットカードを挿入し、支払い(4ケタの暗証番号必要)。

領収書がプリントされて出てきます。

ここで一段落。

後は緊急連絡先(自宅の番号や携帯電話)を入力して終了。

ようやく搭乗券と荷物のタグ長かったー



②搭乗券と荷物のタグを出したら、荷物預け

今は全部機械になってる。

一応分からんかった時の為にスタッフいるけど基本一人。

でも心配要りません。とっても簡単だから。

このベルトコンベアに荷物を乗せる。

※機械が荷物に付けたタグを読み取るから、このタグが取っ手の部分に被らないよう注意。

 

その後機械が重さ(23キロまで)計るので、重ければ流してもらえません。

OKだったら、この写真の下、透明の部分に搭乗券のバーコードの部分を読み取らせるだけ。

荷物は勝手に流されます。

 

③④セキュリティーチェック&アメリカの入国審査

これが終われば後はこのAゲート行の門をくぐるだけ。

セキュリティーチェック→アメリカ入国審査の順です。

ここからはターミナル1と同じ。

トロント空港からアメリカ行く方必見!!ターミナル1・シカゴ乗り継ぎ情報(トロント→シカゴ→成田)~Transit Information *Toronto-Chicago-Narita~

のでチェックしてみてね。

今年(2018)から、以前までは記入していたアメリカの税関申告書(青色の紙)の記入がトロントではなくなりました。

全部kiosk(キオスク)という機械でやることになったからです。

これは日本語表記があるのでご安心を。

 

あとはゲートで飛行機を待つのみ。

念のためアメリカ便は2時間半前には空港到着した方が安心。

団体だと余計にね。

早い人はすぐだから、時間余るかもだけど。

セキュリティーが混んだりすることもあります。

ではお気をつけてHave a safe flight!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA