カナダの銃規制~トロント・Danforthの事件より安全について考える~

こんにちはー。

つい先日トロントで銃乱射事件が起こり、日本でもニュースになりました。

カナダでも連日テレビ、ラジオ、新聞でこの事件について報道されています。

高校を卒業したばかりの18歳の女の子と、10歳の女の子が亡くなるという悲惨な事件。

その他にも負傷した方が沢山いらっしゃいます。

トロントにおいて、一部道が規制されたり、事件の翌日には事件のあった付近の地下鉄のCHESTER駅がノンストップになったりと、色々と事件操作の為支障が出ております。

https://mainichi.jp/articles/20180724/k00/00e/030/198000c

心配でメッセージ下さった方、ありがとうございます。

少しでも気にしてもらえたという想いだけで心の支えになります。

そこで今回はカナダの銃規制についてアップしたいと思います。

 

トロントは安全な都市??

皆さんが思う安全な都市はどこですか?

何をもって安全と言うのか難しいところですが、The Economistと週刊誌が『Safe Cities Index 2017』という報告書を出しました。

そこではこの“安全”を4つのカテゴリーに分けて、世界60都市を対象として分析。

サイバーセキュリティー、医療・健康の安全性、インフラの安全性、個人の安全性の4つ。

そしてトロントはその60都市のうち、総合4位

1位は東京、2位はシンガポール、3位大阪、5位メルボルン。

↓日本語のPDFもあるから是非このサイトをチェックしてみてね↓

http://safecities.economist.com/safe-cities-index-2017

 

私はこの結果を見ても、ここで生活していてもトロントは『安全』と感じます。

そんな安全な都市で銃乱射事件。。。

そりゃ皆が驚くのも当然。

私は特にこういう事件を聞くと、ハッと自分が平和ボケしていることに気づかされます。。。

 

 

トロントの銃事件の件数

カナダ・トロントで銃乱射事件?!と首をかしげる人も多いと思いますが2005年以降400名以上が銃で撃たれて亡くなっています。

今年に至っては、夏休みに入った6月21日以降先日のDanforth(ダンフォース)で起きた事件を含めて30件以上の銃事件が起こっています。

怖い。。。

カナダって銃の所持は自由なの?

お隣アメリカが銃大国のイメージがあるだけに、こんな質問も多く寄せられますが、

カナダでは銃所持には免許と登録が必ず必要です。

銃に関する法律があり、誰でもどこでも所持・購入・使用できる訳ではありません。

カナダの銃に関する法律はアメリカよりさらに厳しく、以下のように定められています。

 

①銃を所持する全ての者は、ライセンス(免許)を持ち、かつ全ての拳銃・ほとんどの半自動機関銃は登録しなければならない。

 

②拳銃は家から持ち出してはならず、隠し持つことも堂々と持ちあることもしてはならない。ただし特定のライセンスを持っている人は例外。(通常仕事で使うために使用している人のみ)

③拳銃を安全に使う為に訓練を受けてから、ライセンスが許可され、その際広範囲にわたってバックグラウンド(犯罪歴、精神面、何らかの中毒、家庭内暴力の履歴)チェックがある。

 

④拳銃は引き金を引かない状態でロックされていること。

 

じゃ、銃事件の犯人はどこから銃を手に入れたのか。。。入手経路も気になります。

 

登録されていないものは、アメリカから入ってきているものが多いそうですが。。。

 

警察もその辺明らかにしていないから、今後のニュースに目が離せません。

 

銃だけでなく凶器となりうるものはもちろん所持もだめ。(日本も同じだけど)

昔旦那が日本に住んでいた時、お土産やさんに売ってる素晴らしい日本刀を見て

『カッコいいし買いたいけど、カナダに持って帰れないから残念。。。』と言っていたのを思い出しました。

 

 

安全の為にしなければいけないことは?

旅行業に携わって10年以上経ちますが、海外に行くたびこのことを良く考えます。

でも海外だからじゃなくて、常に自分に起こるかもしれないってことを考えた方がいいね。

どこに行っても100%の安全はない。

海外に行くと夜遅くまで出歩かないようにしようとか、危険な所には行かないようにしようとか、人気のない道には入らないようにしようとか考えるけど、

それがもし自分の普段住んでいるような所だとどうでしょう?

たまには飲み会もあるし、残業で終電になることもあるし、避けられないことも生活してたらありますよね。

 

さらに事件がテロだった場合。。。。

誰も予想していない時間帯や場所でそんなことが起きる。誰にも避けられない。

全く関係のない人達が命を落とす場面を最近では世界各国で目にします。

でもビクビクしてても生活は出来ないし、何か身近な所から始められることはないか。

あー大変な事件、可愛そうな事件。。。で終わらせてはいけない。

そこで私が考える安全はコミュニケーションを取ること

我が家では、遊びに行くときも仕事に行くときも、

いつ、どこで、誰と、どこに行くのかを必ず家族に伝えてから出かけています。

分かれば何時ごろ帰ってくるかも伝えるようにしています。

 

当たり前のことだけど、こういう小さいことが大事。

何かあった時にすぐに感づいてもらえたり、帰りが予定よりも遅くなったら大丈夫か連絡取り合ったり出来る。大事な家族のコミュニケーション。

何でこんなことを思ったのかと言うと、日本にいるときもカナダに来てからも、色んな事件をニュースでよく見ます。

犯人を見ると見た目が悪そうな人もいれば、えっ?この人が?って人もいる。(見た目だけで判断するのはよくないけど。)

んで、事件が起こるまでを読み解くと、必ずコミュニケーション不足。

家族とも、友達とも、パートナーとも。。。

こうなるまでに誰かに相談出来なかったのか、コミュニケーション不足から生まれる寂しさをどこかで埋められなかったのか。。。

事件を起こすまでに犯人を追い込んだ物はなんだったのか。。。

順番に読み解くとコミュニケーション不足と愛不足。

それが歪んだ感情を生み出すんやなー。

そこで皆さんに考えてもらいたい。うちらに今何が必要か。

 

カナダって安全な国。日本だって安全な国。

それでも毎日どこかで事件が起きてる。

だから自分も家族も友達も、またその友達も大切にすることが安全を考える上で絶対必要。

みーんなが安心して生きられる社会にするにはやっぱりコミュニケーション。

何でもないことも話せるそんな絆を身近な所から作りましょう!

それが思いもしない縁になったり、大事な人と繋がる絆になるから。

私はそんなことを家族と友達から学ばせてもらいました♡

 

大切な人を大切に思うことが、安全への第一歩♡

 

皆さんも大切な人を思い出して素敵な縁を作って下さいねー

 

こんな安全に対する意見もあるよって方は是非コメント下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA