【2022年最新版】カナダから日本帰国~事前に用意しよう!必要書類・アプリ・誓約書~

みなさん、こんにちは。

コロナが始まって約2年。

私の住んでるオンタリオ州は昨日1日の陽性患者が10,000人と過去最多でロックダウン間近な気がしている今日この頃ですが、来月いよいよ日本の帰るので、日本帰国の際に必要な書類やアプリ等を紹介します。

日本帰国と言えば、パスポートだけで良かったのに~ 😭

2022年4月1日現在、カナダから日本に帰国の際、3日間の強制隔離も無くなり、ワクチンを3回打っていれば自宅隔離も無し、公共交通機関も使えます。

よろしければ、私の隔離0日目、日本到着から隔離ホテルまで9時間半かかった体験記もどうぞ↓




日本到着前に必要なもの

日本到着前に必要なものは以下の6つ。

 

陰性証明等の書類は面倒でも印刷して持っていた方がスムーズです。(すぐ相手に見せやすいから)

 

①パスポート

②出国72時間以内に検査したCOVID-19の陰性証明。

(チェックイン時に必要)

➂必要アプリのインストール

(チェックイン時にインストールしているか確認されました)

④質問事項

(チェックイン時に回答が終了しているか、回答後に表示されるQRコード提示するよう言われました)

⑤誓約書

(私は自宅で印刷していきましたが、日本到着後、降機してからもらえます。

他のブログで機内で貰えたと書いてあるのも、ありました)

検疫法第12条の規定に基づく質問

(日本到着後、配布されます)

パスポート

パスポートが無いと話にならないので、これは言わずとも必要なもの。

 

お忘れなく。

出国72時間以内に検査したCOVID-19の陰性証明

日本へは、搭乗72時間以内に検査した陰性証明が必要です。

 

これは、結果判明が出国前72時間以内ではなく、検体採取が出国の72時間前なので要注意

 

この検査方法も明確に記載されているので、検査受ける時は要注意。

 

日本が指定する検査方法でないと、搭乗拒否や入国拒否の対象となります。怖っ 😥

 

PCRしか知らんのに、検査方法は色々。

 

以下の方法が日本入国の際に有効な検査方法です。

(厚生労働省ホームページ)

≪拡散増幅検査≫

●real time RT-PCR法

real time reverse transcription PCR

●LAMP法

Loop-mediated Isothermal Amplification

●TMA法

Transcription Mediated Amplification

●TRC法

Transcription Reverse-transcription Concerted reaction

●Smart Amp法

Smart Amplification process

●NEAR法

Nicking Enzyme Amplification Reaction

 

≪その他の検査法≫

●次世代シーケンス法

Next Generation Sequence

●抗原定量検査

Quantitative Antigen Test (CLEIA/ECLEIA)

※抗原定量検査ではない

そして、この陰性証明書は政府が指定するフォーマットを使用することが進められています。

 

政府指定のフォーマットはこちら

 

もしそれが難しい場合は、任意のフォーマットでもいいけど、自分が取得したフォーマットに以下の項目が記載されている必要があります。

●指名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別

●検査法、採取検体

●結果、検体採取日時、結果判明日、検査証明書の交付年月日

●医療機関名、住所、医師名、医療機関陰影

※医師名については、以下の国・地域で発行されたものには、記載がない場合にも、有効な証明書としてみなされる。

 エスワティニ、セーシェル共和国、チリ、ドイツ、ブルキナファソ、ブルンジ、米国、南アフリカ共和国、レソト、ジャマイカ

※その他、医療機関、印影、医師名については、必ずしも各国で取得できない事情があることから、検疫官の判断により、有効な照明とみなすことがあります。

●すべての項目が英語で記載されたもの

 

乗り継ぎの場合

国際線のトランジットで、経由国で入国しない場合、元の出発国での出発時点を「出国前72時間」の起算点になります。

 

例えば今回私は、カナダのトロント発→米国ロサンゼルス経由(空港を出ない)→日本成田の順で帰りますが、この場合元の出発点カナダ・トロントの出発時点が『出国前72時間』の起算点となります。

 

トランジットが目的で、空港内に留まっている場合、空港内のホテルに宿泊した場合は滞在歴がないものとする。

 

空港の外に出た場合や、空港外の宿泊ホテルに宿泊した場合は、その場所に滞在したことになる。

 

 

②カナダ国内を国内線で移動して、カナダ国内の他の州を経由した場合、搭乗者が経由した空港内に留まっていれば、その場所での滞在歴はないものとする。なので、『出国前72時間』の起算点は、最初の出発地を出発した時間とする。

 

例えば、カナダのトロントからバンクーバー経由(空港内に留まる)で日本に帰国した場合、起算点はトロントとなります。

 

 

➂陸路で移動した場合の『出国前72時間』の起算点は、日本への航空機が出発した時間が起算点となる。

陸路で複数の州を経て移動する場合、その行動が日本に出発する目的である限り、滞在歴はないものなりますが、移動途中でホテルに宿泊した場合、その場所に滞在歴があるものとなる。

(厚生労働省・検査証明書Q&Aより)



必要アプリのインストール

 

日本到着前に専用アプリ2~3つを携帯電話やスマートフォンにインストールしておく必要があります。

(日本に着いてからでも、空港のWi-Fiを使って出来ますが、Wi-Fiが弱かったり、繋がりにくかったりでインストールするのに時間かかるので、日本到着前にやっておくとスムーズ)

 

①健康居所確認確認アプリ(My SOS)

②接触確認アプリ(COCOA)

➂お持ちのスマートフォンの位置情報設定・保存(iphoneの人以外)

 

入国する前に、インストールした方が、スムーズですが、入国してから日本の空港でインストールしたい方は、空港内はフリーWi-Fiあるので大丈夫です。

 

日本のSIMカードが無くても、フリーWi-Fiあればインストールできます。

 

もしスマートフォンを持っていなかったり、必要アプリをインストールできないスマートフォンの場合は、日本入国時、スマートフォンレンタル専用カウンターでレンタルできます。

 

レンタル料金は日本到着日を含む15日間で1万5千円

 

厚生労働省専用アプリのみインストール可能。

 

詳しいレンタル方法や、支払い方法、返却方法はこちら

健康居所確認確認アプリ(My SOS)

My SOSをインストールする目的は、位置情報の報告、健康状態の報告、居所確認をする為

 

入国の翌日から使用開始し、毎日健康状態と位置情報を確認します。

 

インストールはこちら↓

App Store https://apps.apple.com/us/app/mysos/id971663851

Playストアhttps://play.google.com/store/apps/details?id=net.allm.mysos&hl=en_GB&gl=US

接触確認アプリ(COCOA)

接触確認アプリCOCOAは新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるアプリ

 

My SOSが毎日使用するのに対し、この接触確認アプリCOCOAは毎日使うことはありません。

 

万が一自分が陽性者になった場合に報告したり、乗った飛行機や宿泊先に陽性者がいた時に報告されたりするのに使われます。

 

インストールはこちら↓

App Store https://apps.apple.com/us/app/cocoa-covid-19-contact-app/id1516764458

Playストアhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar&hl=en_GB&gl=US

質問表の回答提出とQRコードの取得

質問表はこちら

入国後に14日間の健康フォローアップのため、検疫時にメールアドレス、電話番号等の連絡先を確認するのに使われます

 

日本国内で本人が使用できるメールアドレス、電話番号を質問票に必ず記載する必要があり。

 

質問に全て回答すると、最後にQRコードが表示されますので、それを印刷するか、スクリーンショットして保存しておきましょう。

 

今回私は空港でチェックインの時にこのQRコードを取得するように言われたので、事前にやっておいた方が良いです。

 

でも質問事項の中に、どの座席に座っていたかを回答しなければいけないので、予めウェブチェックインや予約管理等で、座席番号を確保しなければ回答できません😥

 

誓約書

誓約書は、日本到着後、係りの方から配布されます。

 

航空会社によっては機内で配っている所もあるみたいだけど、私は分からなかったので、自宅で印刷・記入していきました。(2022年3月30日更新)

日本語、・英語

 

何の誓約書?って感じだけど、これは、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についての誓約書。

 

違反すると、

(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、
(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。

厚生労働省ホームページより)

 

という措置が取られるかも 😥

検疫法第12条の規定に基づく質問

これも、簡単な質問表。

 

私の場合、日本で飛行機降りてから、もらって記入しましたが、事前に自宅で印刷&記入も可能。

検疫法第12条の規定に基づく質問表はこちら

まとめ

帰るからには、徹底的にやらないと、お金も時間もかかる 😥

 

陰性とはいえ、ただでさへ移動することでいろんな方が迷惑と思っているのだから、誓約書に書かれていることを守らなきゃね。

 

帰国の際は、パスポート、陰性証明、アプリのインストール、証明書へのサインをお忘れなく 🙃



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA