カナダポーター航空でトロントから格安旅行へ~目的地・料金・荷物料金・チェックイン~

みなさん、こんにちは。

先日トロントからポーター航空を使ってシカゴに行ってきました。

他社より断然安く、トロント市内の空港からアクセスできるので、とても便利。

今回はポーター航空(Porter Airline)について紹介したいと思います。



ポーター航空とは

私が住んでいるオンタリオ州トロントに本部を置く航空会社。

 

コミューター航空会社という部類に入るようで、小型のプロペラ旅客機で近距離の2つの地点を中心に飛んでます✈。

 

2006年に開業し、ビリービショップ・トロントシティ空港(YTZ)が本拠地。

ウィキペディア情報によると、カナダにある航空会社の中で唯一4つ星を獲得いているんだそう☆彡

就航都市

 

直行便で就航している都市を紹介します。

カナダ国内

  • Fredericton
  • Halifax
  • Moncton
  • Mont Tremblant
  • Montréal
  • Muskoka
  • Ottawa
  • Québec City
  • Saint John, NB
  • Sault Ste. Marie
  • St John’s, NL
  • Stephenville
  • Sudbury
  • Thunder Bay
  • Timmins
  • Toronto
  • Windsor

アメリカ便

  • Boston
  • Chicago ※シカゴはオヘア空港じゃなくてMidway空港:MDW
  • Myrtle Beach
  • New York  ※ニューヨークはNewark空港:EWR
  • Washington

乗り継ぎ便

ポーター航空で、ボストン又はNY(ニューアーク空港)に行き、パートナー会社のJetBlueを使い、以下の都市に乗り継ぐことが出来ます。

  • Atlanta
  • Charleston
  • Charlotte
  • Dallas / Fort Worth
  • Denver
  • Fort Lauderdale
  • Fort Myers
  • Jacksonville
  • Las Vegas
  • Long Beach
  • Los Angeles
  • Nantucket
  • Nashville
  • New Orleans
  • Orlando
  • Philadelphia
  • Phoenix
  • Portland
  • Raleigh
  • Richmond
  • Salt Lake City
  • San Diego
  • San Francisco
  • San Jose
  • Savannah/Hilton Head
  • Seattle
  • Tampa
  • West Palm Beach

料金

比較的安い(安く見える)。

 

ポーター航空からの予約はコチラ

 

私はトロント⇔シカゴ間でポーター航空を利用しましたが、航空券代は往復258ドルでした。安っ 🙂

※私が利用したのは、11/8~11/11の期間。

 

格安航空券のウェブサイトで購入しましたが、その際の注意点としては、

 

荷物の料金が入っているかどうかです。

 

私が買った格安航空券には、荷物の料金が入ってなかったので、

 

トロントシティ空港で預け荷物代$47.25、シカゴのミッドウェイ空港で$64.5支払いました。

 

航空券代と、荷物の料金を足すと、$369.75

 

それでも安いよね。

 

荷物代は、当日空港カウンターで支払うよりも、ウェブチェックイン時に支払った方が安いのですが、ポーター航空はアメリカ国籍又はカナダ国籍の人しか出来ませんでした 😥 何故。。。

 

格安航空券で検索する方は、トロントをYYZ(トロントピアソン)空港ではなく、YTZ(トロントシティ空港)で検索しないとPorter航空は出てこないので注意。



荷物の料金

ブッキングクラス(予約レベル)によって料金が異なります。

 

ポーター航空のブッキングクラスはBasicStandardFlexibleFreedomに分かれています。

Personal item

どのクラスでも、Personal itemは1人につき1つは無料。

 

Personal itemは小さなカバン、カメラカバン、ラップトップPC等、高さ33cm、幅43cm、奥行き16cm、重さ9kgまでに収まるもの。

機内持ち込み荷物

 

機内持ち込みも予約レベルによって料金が異なります。

 

2021年12月現在、Basicで予約した場合にのみ料金がかかります。詳しくはこちら

預け荷物(Checked in baggage)

預け荷物の大きさは、縦、横、幅の総合計が53cm以内、重さも23kg以内です。

 

ブッキングクラスのBasicStandardFlexibleFreedomの内、預け荷物の料金が入っているのは、Freedomのみ

 

その他のブッキングは預け荷物に料金がかかります。

 

flyporter.comでチケットを新規購入時、航空券購入後にオンライン又はコールセンターでで預け荷物代を追加購入時、空港のチェックインカウンターで購入時、ゲートで支払い時、それぞれ料金が異なります。

チェックイン

今回シカゴ行のチェックインで提出したのは、パスポート、PCRの陰性証明(antigen testにしました)、カナダでのビザ(PRやワーキングビザ、カナダ国籍の人はパスポートでok)。

 

ウェブチェックインは24時間前から。

何故かカナダ国籍又はアメリカ国籍の人しか出来なかったケド。。。 😥 

 

その際、予約番号(6桁)Family nameの入力が必要です。

機内サービス

●あるもの●

 

ドリンクサービス(ビール、ワイン、ジュース、コーヒー、紅茶、水)

昔は飲み放題やったらしい笑。

スナックサービス(クッキー又はチップス)

コーヒーカップにはポーター航空のキャラクターでもあるラクーンが💓

●ないもの●

 

個人モニター

USBとかのチャージコンセント

毛布

 

ホントに最低限のもののみだけど、近距離&短時間だしこれで十分。

まとめ

トロントを本拠地に持つポーター航空。

 

シンプルでお得に各地に旅行したい人にオススメです。

 

ちなみに、トロント・シティ空港からアメリカに行く方は、トロント・シティ空港でアメリカの入国審査はありません

 

トロント・ピアソン空港(YYZ)からアメリカに行く場合は、トロントでアメリカの入国審査があるので、空港に早く着いておく必要がありますが、シティ空港発の場合はアメリカに着いてからアメリカの入国審査があります。

 

小さい空港なので、そんな場所もないしね(笑)

 

トロントのダウンタウンから近い空港なので、復路はこんな景色も撮れちゃいますよー。

進行方向右側の席でした。




Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA