身を粉にして働くって英語で?~work one’s finger to the bone~





皆さん、こんにちはー。

訪問ありがとうございます。

最近カナディアンの友達とよくご飯に行きますが、ものすごく話すのが早い 🙄 (これぞネイティブスピーカー)

相づちや質問を入れる暇もなく、ノンストップ!!

途中分からないことがあって質問しようにも、出来ない程早い(笑)

なので分からないことは纏めて頭に入れて、その友達の会話が終わってから一気に質問してる私です。

忙しい中、暇な私に付き合ってくれている友達は今や私の英語の先生。

そこで今回はそんな友達から学んだ英語のフレーズを紹介します。

身を粉にして働くって英語で何て?

パンデミックで失業してる人が多い中、身を粉にして働いている方がいっぱいいます。

 

医療現場、公共交通機関関係の方々、工事現場の人、レストラン営業の方等。。ありがとうございます 😥 

 

休みたくても休めない方々が身を粉にして働いている。。。そんな英語表現があります。

 

それが、こちら↓

 

You work your fingers to the bone.

あなたは身を粉にして働いている

 

 

身を粉にしてっていう部分は、

work one’s fingers to the bone

 

one’s の部分が主語によって変化しますよー

 

例えば

●She worked her fingers to the bone.

彼女は身を粉にして働いた

 

●They work their fingers to the bone.

彼らは身を粉にして働いている

 

●He works his fingers to the bone.

彼は身を粉にして働いている

 

こんな感じ。

 

一生懸命働くって意味だから、もちろんwork hardとかで良いんだけど、このwork one’s fingers to the boneって表現を英語の辞書を引くと【work extremely hard】って書いてあります。

 

extremelyって“極めて”とか“極端に”って意味があるから、普通に働くよりもっと働いているイメージ。

 

さらに、指が骨になるまでって直訳の意味だから、日本語に意訳すると、身体が粉になるまで働くって意味の『身を粉にして』という訳がピッタリ。

 

こういうネイティブしか知らないような慣用句は、覚えようと思っても何個もあるから覚えられない。

 

なので、出会った時に調べて覚えるのが一番 😎

 

最近そのカナディアンの友達が、わざと私の知らない表現をぶっこんでくる。。。

 

その度私が『それってどういう意味?』『どういう時に使うん?』『例文言うてみて』て質問するから、話終わらん(笑)

 

頑張って覚えていったら、ちょっとずつネイティブに近づけるかしら♡

 

また少しずつ知り得た英語の表現をシェアしていきまーす。

 

お楽しみに♡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA