お前が言うな、どの口が言う、ていう意味の英語のフレーズ~The pot calling the kettle black~

皆さん、こんにちは。

訪問ありがとうございます。

カナダ生活6年目でも英語はまだまだ知らないことばかり。

関西生まれ関西育ちの私は、生活でツッコミ入れたくなることが多々あります。

そこで今回は『お前が言うな』『どの口が言うてんねん』『自分のことを棚に上げてよく言うわ』って内容の英語のフレーズを紹介します。

The pot calling the kettle black

その表現がこちら↓

 

The pot calling the kettle black

photo from LINDANEE’S BLOG

直訳すると、『鍋がやかんを黒と呼ぶ

 

pot…鍋

kettle(ケトル)…やかん

 

鍋も黒いし、やかんも黒い。。。だからお前が俺のこと黒とか言うなーって感じ。

 

例えば、毎日遅刻してくるAと毎日時間通りに出社するBがいたとする。

 

たまたま遅れてきたBに対してA

 

『遅刻すんなよー』

 

とか言うと、

 

『いやいや(いつも遅刻してる)お前が言うなよ 😈 』

 

てなるよね?

 

そんな時に使える言葉。

 

他にも、めっちゃ太ってる人が、他の太ってる人見て

 

『あの人ダイエットした方がいいよねー』

 

とか言うと、

 

『どの口が言うねん』

 

ってなります。そんな時に使える表現。

 

自分も同じ状態(状況)やのに、その同じ状態の人を非難する時に使える表現ですよー。



何で鍋とやかんか

この表現は17世紀から使われているイディオム。

 

スペインの小説『ドン・キホーテ』の英訳から来ていて、主人公のドン・キホーテが従者サンチョ・パンサに「お前はフライパンがやかんに『進め、黒眉毛野郎』と言ってるようなもんだ (You are like what is said that the frying-pan said to the kettle, ‘Avant, black-browes’)」と言っている場面があります。wikipedia

photo from Amazon

日本人がドン・キホーテと聞くと、驚安の殿堂ドン・キホーテか、三重のスペイン村を思い出す人多いと思うけど、このキャラクターはスペインの大ベストセラー『ドン・キホーテ』から来ていますよー。

 

一部読んだことあるけど、この際長い物語を全部読んでみようかなー 🙂

 

どうでも良いけど、ずーっとドン・キホーテじゃなくて、ドンキ・ホーテやと思ってた私。。。CMの力ってすごいわ。

 

英語でマクドナルドじゃなくて、マック・ダーノーsって言わないと伝わらなかった時と同じぐらいの衝撃(笑)

鍋とやかんは黒いのか

話は逸れてしましましたが、鍋とやかんは黒いんか?って話。

 

色んな説があるみたいやけど、その内の1つは、昔は鍋もやかんも黒かった説。

 

もう1つは、昔は銅のやかんは石炭の上、鍋は直火だった。

 

鍋は黒くなっていくけど、やかんは黒くならない。

 

なので、鍋は、自分が焦げて黒になった姿が、やかんに映り、やかんも黒いもんやと勘違いした説。【uRban

photo from STEVETOBAK

これがホントなら面白いよね 😆

日本語訳

この表現は、たまたまネイティブの友達に教えてもらったんやけど、日本語訳は私が勝手に付けました 🙂

 

が、ちゃんと辞書で諺っぽい表現でも載ってます。↓weblio

 

●鍋がやかんを黒いという(直訳)

●目糞鼻糞を笑う

●五十歩百歩

 

これの私の意訳が、

 

●お前が言うな

●どの口が言うてんねん

 

ってなりました。

 

口が悪いのがバレるー(笑)

 

もし使う機会があったら使って見てね♡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA