色んなシチュエーションで使えて便利!仕方がないって英語でなんていう?

皆さん、こんにちはー。元気ですかー?

最近ようやく過ごしやすくなってきたトロントですよー。

8月は日本がお盆ということもあり、旅行代金が高くなる時期。

といことでトロント・ナイアガラでガイドの仕事をしている私も暇な時期。

もっと働きたいけど時期的に仕方ない。。。

毎日が日曜日♡なので旅行に行ったり、ブログを書いたりしています。

仕方がないって英語で何ていう?

日本語でよく言う『しゃーない。』『仕方ない』を英語で何ていうのか。

 

ネイティブの人がよく言ってる『仕方ない』という意味であろう英語を私も使いこなしたい。

 

思い立ったらすぐネイティブの旦那の元へ。

 

私が聞き取った英文をそのまま音だけ伝えてみました。

 

 

It is what it is.

 

 

直訳すると、『それはそれだ』とか『それはそういうことだ』やけど、

 

これがうちらが使う『しゃーない』『仕方がない』という意味になります。

ネイティブっぽく発音してみよう♪

この It is what it is を発音すると、

 

イッイズ ワッ イッイズ』なんやけど、実際ネイティブが話してるのを聞いてるとこれじゃない(笑)。

 

カタカナで表現するのが難しいけど『イリーズ ワリリーズ』って聞こえる。

 

聞いてみて~コレ↓

 

 

ブログを始めて3か月。

 

便利な機能を見つけました。

 

それが音声を張り付けできる機能。

 

高校の時知って感動したネイティブの発音♡

 

これをブログで共有していきたいと思います。

 

ちなみにこれは旦那の声☆



色んなシチュエーションで使える便利な言葉

『仕方ない』って日本語でもよく使う。

 

●休み申請したけど忙しい時期で無理だった→仕方ない

 

●金曜の夜レストラン予約しようとしたけど、満席で予約できなかった→仕方ない

 

●カナダにもっといたいけどビザが切れるから日本に帰らなきゃ→仕方ない

 

などなど使う状況は様々。

 

知ってるとめっちゃ便利。

 

知ってから生活してると、カナダ人もよう言うてる~この言葉。



仕方なくない!は英語で?

仕方ないの反対の言葉で『仕方ないことはない』って何て言うんやろって考えた私。

 

旦那に『it isn’t what it is』って使える?って聞いたら、

 

そんな言葉聞いたことないし、言っても誰も理解できないよ~

 

だとさ。

 

じゃー何て言うん?聞いたら、

 

『それは状況によって違う。同じ表現を使うなら、

 

It’s not it is what it is

 

って言えなくはないけど誰も言わない。使わない』

 

日本語のように『ない』を付けるだけではいけない英語。

 

例えば、、、

 

彼のこと大好きだけど、怒鳴るし、嘘つくし、叩くし、浮気するし散々。。。でも好きだから仕方ない。

 

こういう時『I have no option』って使うことがよくある。

 

(オプションがない→仕方ない)

 

そんな時に『仕方なくない!!』という意味で、

 

Yes! You Do have an option. Beak up with him!』

(オプションある→いや、仕方なくない!別れろ!)

 

※ここでは強調してDoを入れるのがポイント。入れなくても良いけどネイティブは強調する為にいれるそう。

 

ここでoptionの代わりにchoiceを使ってもオッケー。

 

I have no choice

Yes! You Do have a choice!

 

状況によって使い分けたりするけど、それはどの言語も同じ。

 

日本語みたいに『よろしくお願いします』とか『大丈夫』とかオールマイティに使える言葉が少ない。

 

だから言語って知れば知るほど面白い。

 

皆さんも『仕方ない』っていう状況になったら是非使ってみてね♪

 

It is what it is.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA